レッツ連歌(下房桃菴)・3月26日付

挿絵・麦倉うさぎ
◎ねこなで声で電話に出る母

オレオレも調子狂ってシッポ出し(松江)半田 有行

◎次は私の決断のとき

洗濯も料理もできるオトウサン (益田)石田 三章

親権か目も眩むよな一億か   (松江)余村  正

◎晴れるといいなあすの棟上げ

Uターンして三世代にぎやかに (益田)竹内 良子

◎卒園式はワシも行くずら

三代の保護者で埋まる大ホール (浜田)勇 之 祐

初恋のあのバアさんが出ると聞き(江津)花田 美昭

◎一人娘が嫁ぐ海外

エッこんなところに人が住んでるの(松江)川津  蛙

◎雪かき分けてネギ取ってくる

首に巻き一晩寝れば治るって  (松江)高木 酔子

◎緊張走る国際空港

お忍びでVIPが来日し     (浜田)松井 鏡子

日本は寒いと聞いて重ね着し (松江)福田 町子

見せしめのナッツリターンが首絞めて

                 (益田)可部 章二

人類の目には見えない敵迎え  (松江)佐々木滋子

お相撲さんばっかり乗って飛ぶかしら

                 (松江)田中 堂太

◎背中で示す親の生きざま

子どもらが見つめてるのはスマホだけ

                 (出雲)吾郷 寿海

◎なぜか七体ある地蔵尊

あらあらと慌てて笠を編み足して

             (三重・伊勢)木村 ふう

◎優しくなってなにかつまらん

他人にはケンカに見える仲のよさ(美郷)源  瞳子

ときどきは叱ってほしい反抗期 (出雲)原  幸子

娘より孫がかわいいジジとババ (江津)江藤  清

◎ボツが続いた木曜の夜

あいつにはオレのセンスは通じない

               (雲南)安部 小春

◎かわいがってるメダカ三匹

床の間に飾って拝む宝物    (松江)後藤 竹子

ワタシタチヤッテキマシタウチューカラ

               (松江)植田 延裕

それぞれにアンポンタンと名を付けて

               (大田)掛戸 松美

◎あの恰好じゃ文なしと見た

ランニングシャツに短パン草履ばき

               (松江)安東 和実

◎反射タスキで行く初詣

車ではあの登り坂ちょっと無理 (大田)大谷  勇

全日本交通安全協会長     (益田)石川アキオ

◎鍛えた体はピクリともせず

衛兵の帽子の羽ははためきて  (松江)持田 高行

子どもらがドッとぶつかる隠岐の海

               (出雲)放ヒサユキ

全身を白塗りにした大道芸   (松江)森  笑子

◎いつもと違うあらぬ声出し

おみやげにネズミくわえて戻るタマ

               (米子)佐々木浩子

◎ギックリ腰で箸も持てない

あら不思議徳利のほうが軽いのね(江津)岡本美津子

お願いだ少し黙っていておくれ (出雲)矢田カズエ

◎布団も干せぬ山陰の冬

日本一美肌なのよと胸を張り  (出雲)野村たまえ

旅先へ洗濯物も送り込み    (出雲)原  愼二

待ちわびた春は花粉も連れてきて(出雲)原  陽子

分水嶺超えてまぶしい陽の光  (松江)森広 典子

           ◇

 正さんの二者択一―。「親権」も「一億」も同じ四音なのですが、一方にだけ長~い修飾語が付いている。どっちに心が傾いているのか、バレバレなところがおもしろいですね。

           ◇

 次はまた、きょうの入選句に七七の付句。

           ◇

 四月スペシャルの前句は―、

 幸いは山のあなたに住むという

これにも、七七の句を付けてください。

 (島根大名誉教授)

2015年3月26日 無断転載禁止

こども新聞