松江シティ逃げ切る 中国サッカーリーグ

【第2節・松江シティFC-環太平洋FC】後半36分、松江シティのMF渋山勇希(中央)がドリブルでゴールに迫る=広島県福山市、広島県フットボールセンター
 第43回中国サッカーリーグは5日、広島県福山市の広島県フットボールセンターなどで第2節5試合が行われた。松江シティFCは1-0で環太平洋FC(岡山)を退け、開幕2連勝を飾った。SC松江は3-2でデッツォーラ島根を下し、昇格後初白星を挙げた。

 松江シティはFW谷尾昂也の2戦連続ゴールを守り切った。SC松江は後半終盤の2ゴールで逆転勝ちした。

 第3節は12日に行われ、松江シティは松江市営陸上競技場でホーム開幕戦を行い、昨季8位の佐川中国(広島)と対戦する。

 SC松江は倉敷市で昨季3位の三菱水島FC(岡山)、デッツォーラ島根はホームのサンビレッジ浜田で昨季7位のNTN岡山と対戦する。


 ▽第2節

松江シテ 1 0-0 0 環太平洋
ィFC    1-0   FC
             (岡山)


▽得点者【松】谷尾昂也


谷尾が決勝点 環太平洋退け開幕2連勝

 【評】松江シティは決定力を欠きながら、安定した守備で、後半立ち上がりに挙げた1点を守りきった。

 松江シティは0-0の後半8分、コーナーキックからゴール前の混戦で、FW谷尾が押し込み、均衡を破った。

 立ち上がりからボールを支配し、MF実信やMF渋山らがシュートで相手ゴールを脅かしたが、相手GKの好セーブもあり、前半は決めきれなかった。相手のシュートを前後半1本ずつに抑えた守備の奮闘が光った。

2015年4月6日 無断転載禁止

  • 47クラブ