刺繍や絵9講座130点 文化センター講師・生徒の作品展

展示された油絵を鑑賞する来場者
 山陰中央新報文化センター益田教室の講師・受講生作品展が10日、島根県益田市常盤町のキヌヤ益田ショッピングセンターで始まり、来場者がポルトガル刺繍(ししゅう)、水彩画、油絵、俳画など9講座の力作を鑑賞している。12日まで。

 講師や受講生58人が、約130点を出品した。来場者は気に入った作品の前で足を止め、じっくり見入っている。

 陶芸と現代水墨画講座を受講し、両講座での自作を出品した稲倉寛(ゆたか)さん(73)=吉賀町抜月=は「講師の作品は、さすがと思わせる出来栄えで、勉強になった。多くの人に自分の作品を見てもらえ、やりがいになる」と話した。

 開場時間は午前9時半~午後5時(12日は午後3時まで)。

2015年4月11日 無断転載禁止