米子境港・島根 「ガッテン流!生活常識 大逆転のススメ」

  北折 一氏
   ガッテン流! おいしく、得する、暮らし術


    講 師  北折 一(きたおり はじめ)氏
                   (元NHK番組専任ディレクター)
   
    演 題  「ガッテン流!生活常識 大逆転のススメ」


 山陰中央新報社の「米子境港政経クラブ」「島根政経懇話会」は平成27年5月26日(火)・27日(水)に定例会を開催します。今回は元NHK科学・環境番組部専任ディレクターの北折一(きたおり・はじめ)氏を講師に迎え、「ガッテン流!生活常識 大逆転のススメ」と題してお話いただきます。


 皆さん、毎週水曜日午後8時からNHKの「ためしてガッテン」という番組をご覧になったことがあると思います。今年で21年目、通算600回を数える長寿番組です。立川志の輔さんと小野文恵アナウンサーの息のあった進行、レギュラーの山瀬まみさん、ゲスト陣の軽妙なトーク等が受け、お茶の間の人気番組となっています。

 今回、講師に迎える北折さんは、この「ためしてガッテン」の生みの親とも言うべき人です。1995(平成7)年の番組立ち上げから関わり、演出担当デスクとして、常に「消費者(視聴者)の立場から見て本当に有益・有効な番組とは何か」を追求しながら18年間、一貫してガッテンの制作に当たってきました。2000年には、経済産業大臣認定の「消費生活アドバイザー」資格を取得。13年にNHK退職後は、主に健康・教育の分野で「人々のよりよい生活のお手伝い」をモットーに、健康情報の読み解き方・伝え方、生活習慣病予防等の講演ほか、執筆活動でも自らの減量経験を基に出版したダイエット本が話題になりました。

 講演では、パワーポイントを巧みに使い、○×クイズ形式で話を進めるなど、面白く、分かりやすい演出を心掛けたいと話しています。どうぞご期待ください。

                              (事務局長・北野隆史)

<北折 一氏のプロフィール>

 1964年2月、愛知県丹羽郡扶桑町生まれ。名古屋大文学部卒。87年NHK入局。95年、科学バラエティー番組「ためしてガッテン」立ち上げに参加。以来18年間、同番組の制作に当たる。2013年にNHK退職後は、主に健康教育分野の執筆活動ほか、食育・生活習慣病予防をテーマの講演等で活躍中。著書に「かまぼこは、なぜ11ミリで切るとうまいのか」「ためしてガッテン選りすぐり○×クイズ」「死なない!生き方~学校では教えてくれない予防医療~」など。

                                (本会は会員制です)
■政経懇話会のページへ↓

http://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/index.html

2015年4月23日 無断転載禁止