レッツ連歌(下房桃菴)・4月23日付

(挿絵・麦倉うさぎ)
◎お願いだ少し黙っていておくれ

妻が口出す野球解説      (松江)持田 高行

人の話を盗る悪い癖      (出雲)栗田  枝


◎初恋のあのバアさんが出ると聞き

ひどい音痴が治ったのかな   (松江)中西 隆三

たった一人で振るペンライト  (益田)石田 三章

手をあげました選挙参謀    (益田)石川アキオ

今夜墓場へ行ってみようか   (米子)佐々木浩子


◎床の間に飾って拝む宝物

宇宙の石は屋根突き破って   (松江)佐々木滋子

髪の毛徐々に伸びる人形    (松江)安東 和実


◎ワタシタチヤッテキマシタウチューカラ

モトノソーリニオアイシタクテ (出雲)黒田千華子


◎洗濯も料理もできるオトウサン

単身赴任もこれで四度目    (出雲)放ヒサユキ

息子の嫁にモテるわモテるわ  (益田)吉川 洋子


◎ランニングシャツに短パン草履ばき

リヤカー引いて世界一周    (浜田)勇 之 祐

これがワシだと虫眼鏡出し   (松江)花井 寛子

選挙が済めばもうタダの人   (松江)森廣 典子

運動会の後の打ち上げ     (益田)兼子 哲彦

玉音放送泣きながら聞き    (松江)三島 啓克

キャンデーキャンデーアイスキャンデー
             (出雲)はなやのおきな


◎車ではあの登り坂ちょっと無理

山菜採りに通うジジババ    (飯南)塩田美代子

超望遠で撮った大橋      (出雲)遠藤  伸


◎他人にはケンカに見える仲のよさ

やがて生まれた子猫三匹    (大田)杉原サミヨ


◎日本一美肌なのよと胸を張り

顔の造作にゃ触れちゃいけない (松江)坂本 美恵


◎娘より孫がかわいいジジとババ

いいよいいよが口癖となり   (松江)原  隆子

キラキラネームの字のむずかしさ(大田)掛戸 松美


◎オレオレも調子狂ってシッポ出し

わたしヒマなのもっと聞かせて (松江)森  笑子


◎Uターンして三世代にぎやかに

玄関先の靴はカラフル     (松江)加茂 京子


◎子どもらが見つめてるのはスマホだけ

とけて流れるソフトクリーム  (浜田)勝田  艶

ご飯食べたか分からない夜   (松江)福田 町子

クラーク博士の嘆息の日々(三重・伊勢)木村 ふう


◎首に巻き一晩寝れば治るって

訪問詐欺とはこりゃ懐かしい  (松江)山崎まるむ


◎ときどきは叱ってほしい反抗期

ビミョーなのよと語る尾木ママ (益田)黒田ひかり


           ◇

 「出る」にもいろいろあったのですね。アキオさんの「出る」にも驚きましたが、浩子さんの「出る」には腰が抜けました。

 カメラアングルというのは不思議なもの。過日の「さんいん学聞」に載った「ベタ踏み坂」などは、ほとんど垂直に見えますが、実はレンズのイタズラにすぎません。そういえば、昔のテレビの野球中継―、ピッチャーとキャッチャーの間が5メートルくらいに見たこと、覚えていらっしゃいますか。

 これも今は昔、学生服に角帽を被って、ゴム紐なんか売りにくるオジサンがよくいました。それで商売が成り立っていたということは…、みんながのんびりしていた上に、「学生さん」を大事にする風潮が生きていたからでしょうね。「訪問詐欺」ということばさえなかったような気がします。

           ◇

 今度は、きょうの入選句を前句に選んで、五七五の付句。

 選んだ前句も明記してください、ときどきお忘れのかたがいらっしゃいますが、審査のしようがありません。            (島根大学名誉教授)

2015年4月23日 無断転載禁止

こども新聞