島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

出西生姜レトルトカレー 出雲道の駅運営会社が発売

特産ひかわが発売した「出西生姜カレー」。生産者や企業をパッケージで紹介している=出雲市斐川町学頭、道の駅湯の川
 道の駅湯の川(島根県出雲市斐川町学頭)を運営する、特産ひかわ(同、金築豊社長)がこのほど、斐川町特産の出西ショウガを使ったレトルトカレーを発売した。山陰両県の生産者や企業が連携し、原料生産から加工、販売まで手掛けた。

 道の駅湯の川は従来から、レストランで出西ショウガ入りのカレーを提供する。年間約8千食を販売する人気メニューで、来店者の要望を受け、2014年秋にレトルト版の開発に着手。広域の産業振興を図るため、鳥取を含む企業に呼び掛け、商品化することにした。

 原料は出西生姜(しょうが)組合(出雲市斐川町出西)が提供。レトルト食品製造の鳥取缶詰(境港市渡町)が、試作品開発や製造で協力した。パッケージは、デザインを武永印刷(出雲市江田町)、製造は河内印刷出雲(同市下古志町)が担当した。

 1袋当たり10グラムのショウガが入り、ぴりっとしたさわやかな辛味が特徴。湯せんか電子レンジで加熱して食べる。価格は1袋(200グラム入り)で530円(税込み)。道の駅湯の川で限定販売する。

 金築社長は「地元企業の連携で、優れた商品が生まれるのを知ってほしい」と話した。地元食材の商品開発を検討するという。

2015年4月25日 無断転載禁止