島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

サザエやイカ原料、高品質加工品を開発 西ノ島の浦郷水産

浦郷水産が発売したサザエの缶詰や麹漬け
 水産業の浦郷水産(島根県西ノ島町浦郷、長府吉信社長)は、同町で取れたサザエやイカを原料に製造した、高価格帯の缶詰などを発売した。新商品の投入により、2015年度の缶詰生産量は、14年度の3倍の3万個を見込んでいる。

 同社は巻き網や定置網漁、岩ガキ養殖を手掛けるほか、アジやサバの加工品を製造し、13年度は10億9500万円を売り上げた。西ノ島町のPRや漁業者の収入アップ、雇用増などを目的に、付加価値を高めた新商品を開発することにした。

 商品化したのは、煮込んだサザエの缶詰と、麹(こうじ)漬けのサザエとマイカ。

 缶詰のサザエは、しょうゆや砂糖で柔らかく薄味に煮込んだ粒を、10~11個入れた。価格は2500円(税込み)。今後、アワビもラインアップに加え、「島のおすそわけ」の商品名で、シリーズ化する。

 麹漬けは、甘辛い味に仕上げたものを80グラムずつ入れ、真空パックに詰めた。価格はサザエが600円(同)、マイカが500円(同)。

 進物用や都会地の百貨店などでの販売を想定している。長府加代子加工場統括部長は「販路を広げ、雇用創出につなげたい」と話した。

2015年5月26日 無断転載禁止