松江シティ「格下」一蹴 中国サッカーリーグ


【第12節・松江シティFC-佐川中国】後半4分、松江シティのMF山崎崇史がPKを決め4-0とする=中国電力坂スポーツ施設
 第43回中国サッカーリーグは7日、広島県坂町の中国電力坂スポーツ施設などで第12節5試合が行われ、松江シティFCは佐川中国(広島)に5-1で快勝した。FW谷尾昂也の今季10点目となる3戦連続弾、MF山崎崇史の2ゴールなどで寄せ付けず、通算11勝1分けの無敗首位をキープした。

 ほかの島根勢はともに1試合少なく、デッツォーラ島根はNTN岡山に5-1で大勝し、9勝1分け1敗の2位。最下位のSC松江は三菱水島FC(岡山)に1-2の逆転負けで、10敗目(1勝)を喫した。

 第13節は13日、5試合が行われ、松江シティは松江市営陸上競技場でNTN岡山と対戦。デッツォーラ島根は佐川中国を、SC松江はSRC広島を、ともに出雲市の長浜中央公園多目的広場に迎えホーム戦を行う。


 ▽第12節

松江シテ 53―01 佐川中国
ィFC   2―1  (広島)


▽得点者【松】渋山勇希、谷尾昂也、山崎崇史2、山口愛騎【佐】河上健司


 【評】終始攻め続けた松江シティが効果的にゴールを重ね、佐川中国に快勝した。

 松江シティは前半2分、ゴール前に走り込んだMF渋山が右足で合わせて先制。13分はゴール前でフリーとなったFW谷尾が2点目。19分はMF山崎がゴール正面のフリーキックを落ち着いて決めた。

 後半も終始攻勢。4分に山崎がPKでこの日2ゴール目。29分には途中出場のFW山口のゴールで突き放した。

 試合終了間際に1点をかえされたが、相手シュート3本に抑えた守備は安定感があった。

2015年6月8日 無断転載禁止

  • 47クラブ