レッツ連歌(下房桃菴)・6月25日付

(挿絵・FUMI)
◎ナワバリはまだ息子には譲れない

白寿迎えたゴッドファーザー  (松江)原  野苺


◎誇張するクセが治らぬ日本人

ニシコリはみなケイの親戚   (雲南)錦織 博子


◎蛇はイヤ熊が恐いと言いながら

不老長寿の薬求めて      (浜田)三隅  彰

こげな田舎に嫁に来てくれ   (出雲)原  陽子

子狸親の尻を追っかけ     (出雲)栗田  枝


◎被写体の若い娘のエキス吸い

毒にアテられ熱にウナされ   (雲南)安部 小春


◎宝くじ七億円が大当たり

生れて初めて買った三枚    (益田)黒田ひかり


◎知らぬ間にやらされていた自治会長

四十代がオレひとりだけ    (米子)佐々木浩子

こっそり通うパソコン教室   (浜田)小笠原延枝

道理で小遣い増えたと思った  (松江)山崎まるむ


◎一軒の家に村中集まって

十年ぶりに赤ちゃん誕生    (松江)森廣 典子

きょうはゴキブリだんご作る日 (浜田)松井 鏡子

出て行くなんて思いとどまれ  (松江)持田 高行

稲むらの火に命救われ     (松江)中西 隆三

ドンチャンさわぎする泥落とし (浜田)勝田  艶


◎大阪のオバちゃん今日も来てるのね

角を曲がればあの笑い声    (松江)田中 堂太

出雲訛りがちょっとあるけど (奥出雲)松田多美子

なんぼや思ういっぺん食べてみ (松江)土江 ユミ

様子うかがう還付金詐欺    (松江)安東 和実


◎触ってもぜったいムリよお父さん

胎動まだかともう舞い上がり  (松江)三島 啓克


◎場内の案内係させられて

嵐のファンについになったか  (出雲)野村たまえ

タダで見られるカンヌの面々  (出雲)山下  好

着物姿で果たす通訳      (松江)森  笑子


◎出張のはずの夫が女連れ

前から欲しいものがあったの(出雲)はなやのおきな

取引先の社長さんだよ     (松江)花井 寛子

ヘタな言い訳せぬほうがマシ  (松江)川津  蛙

お互いさまとそっと黙礼    (松江)石川  倫


◎GPS付きのケータイ持たされて

みなが羨む愛妻弁当      (江津)花田 美昭

タバコを買いにちょっとそこまで(飯南)塩田美代子

たった一度の過ちの果て    (益田)吉川 洋子


◎東京と富山往復週三回

疑惑持たれた議会事務局    (益田)石川アキオ


◎新薬を試しに塗ってみた効果

右半分の色つやのよさ     (美郷)芦矢 敦子


◎カラコロと小泉八雲散歩中

ばんじましてと声をかけられ  (松江)庄司  豊


           ◇

 出雲地方に多いニシコリ姓。もとを正せば、みなさんたしかに、ご親戚なんでしょうね。その句の作者もニシコリさん、だったというのがおもしろい。

 蛙さんの句、ごもっともです。「取引先の社長さん」なんて、これ以上「ヘタな言い訳」はありません。その点、倫さんなんかは、…どういうご夫婦なのでしょう。

 もう号泣するしかありませんね、アキオさん。…それにしても、エラいセンセイがたが次々話題を提供してくださるお蔭で、レッツのネタも尽きません。

 最後に、豊さんの句―。いいですねぇ。フィクションはフィクションとして、リアリティーがあります。今回いちばん気に入った作品です。

           ◇

 次は、きょうの入選句に、五七五の付句。

          ◇

 それから、7月スペシャルの前句は、

  役に立たないことも大切

 これにも楽しい五七五をお願いします。

2015年6月25日 無断転載禁止

こども新聞