きらめく星たち ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群の流星=2013年8月13日、三瓶(さんべ)山北の原で撮影(さつえい)
8月13日ごろ見られるよ

 流れ星を見たことがありますか。少し堅(かた)いことばでいう流星(りゅうせい)は、星がきれいな場所で一晩(ひとばん)中、空を眺(なが)めていれば、いくつか見ることができます。また、1年のうちの決まった日には、たくさんの流星が見られる流星群(ぐん)もあります。

 地球が太陽の周りの軌道(きどう)を進むとき、行く手にちりが集まっている部分があってそこに突(つ)っ込むと、たくさんのちりが地球の空気の中に飛び込んできます。これが流星として見られます。ちりの集まりは、地球が1年で1周する軌道のところどころ、決まった場所にありますので、毎年同じ日に流星群が巡(めぐ)ってくるのです。ちなみにそこにちりをばらまいたのは、ほうき星ともよばれる彗星(すいせい)です。

 8月13日ごろに見られるペルセウス座(ざ)流星群は、流星の数が多く、また、寒くない時季ですので、数々の流星群の中でもっとも見やすい流星群といえます。ペルセウス座から広がるように流星が流れるので、この名が付いています。

 ペルセウス座は真夜中ごろなら北東の空にありますが、必ずしも気にする必要はありません。流星自体はどちらの空を向いても見えるからです。マットなどの上に寝転(ねころ)がると楽に観察できます。

 特に今年は8月14日が新月(しんげつ)で、月の明かりにじゃまされることがなく最高です。12日から13日にかけての夜に多くの流星が見られ、1時間あたりで空じゅうに60もの流星が出ると予想されています。

 たとえ1人で見たとしても、たくさんの流星が数えられるでしょう。夜のはじめより夜中が、夜中より明け方近くがより多く見られるはずです。次の晩(ばん)もかなりの流星が現(あらわ)れるでしょうし、前後数日はある程度(ていど)の流星が見られると思います。

 せっかくですから、できればキャンプ場など夜空の暗い開けた場所で見てもらいたいと思い、早めにお知らせしました。ぜひ計画を立ててください。ただし夜ですから、子どもだけではなく、必ず大人と一緒(いっしょ)に出かけてくださいね。

 (島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ))

2015年7月15日 無断転載禁止

こども新聞