島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

オリジナル手ぬぐい販売 大山登頂で新たな土産

大山の頂上避難小屋売店で販売される「大山オリジナル手ぬぐい」
 国立公園・大山(1729メートル)の弥山山頂の頂上避難小屋売店で、「大山オリジナル手ぬぐい」の販売が始まった。登頂記念バッジに続く新たな登山土産が誕生し、登山者の注目を集めている。

 登山クラブ「米子登攀倶楽部(とはんくらぶ)」に所属する米子市和田町の会社員、松本拓也さん(26)が企画・製造した。

 松本さんは、国内各地の名峰では、記念の手ぬぐいが売られていることから、大山でも販売しようと発起。今年1月ごろから企画を練り、同グループの米子市灘町2丁目の会社員、松下順一さん(59)にデザインを頼んだ。

 縦90センチ、横35センチで、ピンク、オレンジ、若草色の3色を展開する。大山のシルエットや「DAISEN」のロゴが入り、大山に自生するクガイソウやギボシなどの植物と、その間を飛び回る妖精があしらわれている。1枚千円。

 松下さんは「女性の登山客が増えており、カラフルな色にした。山頂に向かって軽やかに上がっていくイメージに仕上げた」。松本さんは「たくさんの人に大山に登ってほしい。そのきっかけの一つになればうれしい」と話した。

 避難小屋売店は休日を中心に不定期営業している。

2015年7月23日 無断転載禁止