映画プロデューサーのささやかな日常(29)

岩田剛典さん(左)演じる樹と高畑充希さん演じるさやか((c)「植物図鑑」製作委員会)
 はじめてラブストーリーにチャンレンジします!

   恋愛を通じ人生賛歌を

 暑い日が続きますね。今年は記録的な暑さで、いろいろな影響が出ています。この6月から7月末にかけて、新作映画の撮影を行っていました。連日のゲリラ豪雨や猛暑にスタッフもキャストもヘロヘロになりながらも、なんとか無事2カ月弱の全撮影を終えることができました。

 映画のタイトルは『植物図鑑』。『図書館戦争』『三匹のおっさん』など数多くの作品が映画化、ドラマ化されている作家・有川浩さんの累計80万部を超えるベストセラー恋愛小説が原作です。書店員さんの間では「甘くて、苦くて、もう一度甘い。とびきりの胸キュンが味わえる“美味(おい)しい小説”」などと話題となった作品で、多くの熱狂的ファンを獲得しています。

 主演は、EXILE(エグザイル)/三代目J Soul(ソウル) Brothers(ブラザーズ)のメンバーとして大人気の岩田剛典さんと、若手演技派女優として今、最も注目を浴びる高畑充希さん。ともに映画初主演です。

 料理姿も披露する女性にとっての憧れの「王子様」を演じる岩田さん、戸惑いながらも恋をすることで前向きに一歩を踏み出すOL役に挑む高畑さんは、本作品にて初顔合わせ。「フレッシュ」という言葉がこれ以上ないほど似合う主演2人に、街中でロケ撮影を行っていると、ファンと覚しき若い女性たちが何十人も遠巻きに見守っていることも多々ありました。

 物語は、仕事もプライベートもうまくいかないOLさやかが、ある夜帰宅すると、マンションの前で倒れている男・樹(いつき)を発見するところから始まります。

 なぜか樹は、さやかの家にいつくことになり、2人の不思議な同居生活がスタート。樹は意外にも料理上手で、さやかの知らなかった「野草」の世界を教えてくれます。何げない日々の中で次第に近づいていくお互いの心。しかし、突然現れた王子様には、実は隠された秘密があって…。

 今回は『三匹のおっさん』を制作していた外部のプロデューサーから企画の相談があり、ご一緒させていただくことになりました。

 原作を読み、最初は「これは今まで手掛けていないジャンル。自分には向いていないのでは?」と思ったのですが、何度か読み直すうちに、有川先生が作品に込められた「身近な場所にこそ、宝物が隠されている」という普遍的なテーマと、主役2人のこまやかな内面描写で紡がれていく芯の強いストーリーにひかれていきました。シンプルに「純粋で強い思い」を信じることで世界は動き始める。そんな素晴らしい恋愛を通じた人生賛歌を、映画を通じて描ければと思い、自分自身の新たな挑戦として参加させていただくことにしました。

 2016年、すべての観客の皆さまの胸いっぱいにピュアな気持ちが広がる、究極のラブストーリーを誕生させたいと思います。公開までまだ時間がありますが、随時リポートしていきます。ご期待ください。

 (松竹映像本部 映画プロデューサー・石塚慶生、米子市出身)

2015年8月14日 無断転載禁止