松江シティ完勝 中国サッカーリーグ

【第17節・松江シティFC-三菱水島FC】前半33分、松江シティのMF桑田大幹(左)がヘディングシュートを決め3-0と突き放す=松江市営陸上競技場
 第43回中国サッカーリーグは13日、松江市営陸上競技場などで第17節5試合が行われた。優勝を決めている松江シティFCは7-0で3位の三菱水島FC(岡山)に完勝。無敗を守り、通算16勝1分けとした。

 ほかの島根勢はデッツォーラ島根がJX水島(岡山)を3-2で退け通算13勝2分け2敗とし、2位が確定。最下位のSC松江は9位の佐川中国(広島)を5-2で下し、15試合ぶりの勝利で、通算2勝15敗とした。

 最終節は20日、松江シティは浜田市陸上競技場で、今季唯一引き分けているデッツォーラ島根と対戦。SC松江は松江市営補助競技場で5位の環太平洋FC(岡山)と当たる。


 ▽第17節

松江シテ 73-00 三菱水島
ィFC   4-0  FC
           (岡山)


▽得点者【松】砂川太志、小川純2、桑田大幹、舘野俊祐、山内晴貴、山崎崇史

▽観衆 1202人


 【評】松江シティはシュート18本を放ち、今季最多タイの7ゴールを挙げて圧勝した。

 風下の立ち上がりからペースをつかみ、前半10分、左コーナーキックからMF砂川が頭で合わせて先制した。

 20分はDF小川が左サイドのフリーキックの折り返しに詰めて加点。33分にはMF桑田が頭で決め、3-0で折り返した。

 後半も、この日2点目の小川のゴールなどで4点を奪い、寄せ付けなかった。

2015年9月15日 無断転載禁止

  • 47クラブ