開星高野球部前監督野々村さん似顔絵教室 文化センターで3回

 開星高校野球部前監督で美術教諭だった野々村直通さん(63)が17、24、31日、島根県松江市殿町の山陰中央新報文化センターで似顔絵教室を開く。

 県警察学校で似顔絵指導の経験がある野々村さんは、7月に長年の夢だった画廊をオープン。地元住民や観光客に似顔絵を描き、温かみのある作風が人気を呼んでいる。

 午前10時半から1時間半行う教室では、野球部監督時代に、卒業する教え子に似顔絵をプレゼントしたエピソードなどを交えながら指導。顔の輪郭や目鼻の描き方や、水彩画や色鉛筆の技法を伝える。野々村さんは「似顔絵がうまくなると隠し芸になるし、人に喜んでもらえる」と魅力を語り、参加を呼びかけている。

 受講料は1万854円(3回分)と材料費700円(同)。13日までに申し込む。申し込み、問い合わせは同センター、電話0852(32)3456。

2015年10月8日 無断転載禁止