きらめく星たち 冬の流星群

ふたご座流星群の流星(矢印)=2012年12月14日、大田市三瓶町の三瓶自然館サヒメル前で撮影(さつえい)
 観察条件(じょうけん)のいい「ふたご群(ぐん)」

 テレビの天気予報(よほう)を見ていると、時折、今夜は流星群(りゅうせいぐん)だという情報(じょうほう)が流れてくることがあります。それを知って空を見ても、流星、つまり、流れ星が、思ったほど見られなかったということはありませんか。

 決まった星座(せいざ)から流星が広がるように流れる流星群は、1年に112もあります。ほとんどの流星群では、1時間じっくり空を眺(なが)めて数個(こ)の流星が見られればいい方です。時には予想以上に多くの流星が現(あらわ)れることもありますので、どんな流星群も観測(かんそく)する価値(かち)はもちろんあるのですが、ただ、たくさんの流星を見たいと思っているだけなら、たいていがっかりすることになってしまいます。

 そこで流星を楽しむのにおすすめなのが、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群、しぶんぎ座流星群の「3大流星群」です。ペルセウス座流星群は夏の流星群ですが、残りの二つは冬に見られます。

 ふたご座流星群は、1年で最大の流星群です。今年なら12月14日から15日にかけての夜に最も多くの流星が現れ、十分に暗い空では、1時間に空全体で約70もの流星が毎年見られています。その前後の夜もある程度(ていど)の流星が見られます。今年は、月の明かりもなく最高の条件(じょうけん)になっています。

 しぶんぎ座流星群は、いまはない星座の名前が付けられた流星群で、りゅう座という星座の一部を中心にして流星が現れます。1月4日の夜明け前が見ごろとなっています。来年は月明かりがありますので多少見にくいのですが、それでもふたご座流星群の4分の1ぐらいの数が見られるかもしれません。

 冬は雪雲に閉(と)ざされがちな山陰(さんいん)ですが、もし晴れ間があれば、どちらの流星群の観察にもぜひ挑戦(ちょうせん)してください。外に出て夜空を眺めるだけで構(かま)いません。ただし、子どもは大人と一緒(いっしょ)に、特に寒さには気をつけ、無理をしないようにして見てください。

 (島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ))

2015年12月2日 無断転載禁止

こども新聞