日本画家 橋本 明治(はしもとめいじ)(浜田市生まれ)

日本画の新たな可能性を切り開いた橋本明治
画家の夢(ゆめ)かなえた強い意志(いし)

 力強い線を用いた人物画を得意とし、芸術(げいじゅつ)や科学など文化の発展(はってん)に貢献(こうけん)した人に贈(おく)られる文化勲章(くんしょう)を受けた日本画家の橋本明治(めいじ)(1904~91年)は浜田市田町に生まれました。

 趣味(しゅみ)人だった祖父(そふ)の影響(えいきょう)で図画が得意だった明治は、現在(げんざい)の松原小学校に入学し、高等科に進んだころから画家を目指すようになりました。家族は反対しましたが、それでも夢(ゆめ)を諦(あきら)めず、浜田中学校(現浜田高校)に入学すると、通信教育で日本画を学び始めました。おとなしい性格(せいかく)の明治でしたが、一度決めたことはやり通す意志(いし)の強さも持っていました。「立派(りっぱ)な画家になりたい」という夢をかなえるために心身を鍛(きた)えようと、毎日、自宅(じたく)近くの浜田川に出掛(か)けては冷水を体に浴びていました。

舞妓(まいこ)をモデルにした代表作の一つ「舞」(1960年)
 19歳(さい)の時、妹をモデルにして描(えが)いた「ガラシャ夫人像(ぞう)」が島根県展に入選し、本格的に画家の道へ進みます。1926年には東京美術学校(現東京芸術大学)日本画科に進学。在学中は帝国(ていこく)美術院美術展覧(てんらん)会に初入選。大学を首席で卒業した後は研究科に進み、制作(せいさく)にのめり込(こ)んでいきます。

 画家としての転機は、40年に文部省から法隆寺(ほうりゅうじ)(奈良(なら)県)金堂(こんどう)の壁画(へきが)の模写主任(もしゃしゅにん)に任命されたことでした。模写は50年まで続きます。

 その後、51年に芸者をモデルにした「赤い椅子(いす)」を描きます。それまでの日本画は、細い線や淡(あわ)い色合いを特徴(とくちょう)としていましたが、明治の絵は太くはっきりとした線と、鮮(あざ)やかな色彩(しきさい)を用いて描き上げられており、美術関係者を驚(おどろ)かせました。それは金堂壁画の模写を通して痛感(つうかん)した「東洋画は線が命である」という思いを表したものでした。その手法を人々は「橋本様式」と呼(よ)び、明治は現代日本画の新境地(きょうち)を開いていきました。

 明治は入念(にゅうねん)に制作準備(じゅんび)をすることでも有名でした。人物のポーズや構図(こうず)など何度も試作を重ねながら制作に挑(いど)んでいました。65年ごろ、出雲大社から縦(たて)約2メートル、横3・5メートルの壁画の制作を依頼(いらい)されました。竜(りゅう)を題材に選んだ明治は何度も訂正(ていせい)を加え、100枚近いスケッチを重ねながら大作を完成させました。

 現在、養子の橋本弘安(こうあん)氏も日本画家として活躍(かつやく)しています。浜田市世界こども美術館の寺尾堂(たかし)館長は「それまでの固定観念を打ち破(やぶ)り、日本画に一つの革命(かくめい)を起こした功績(こうせき)は素晴(すば)らしい」と評(ひょう)しています。


2015年5月6日 無断転載禁止

こども新聞