松江藩主、茶人 松平 治郷(まつだいらはるさと)(号・不昧)

不昧流の基礎を築き、大名茶人として知られる松平治郷の肖像画(しょうぞうが)=松江・月照寺蔵
藩財政(はんざいせい)立て直し茶道(ちゃどう)広める

 江戸(えど)時代の松江藩(はん)7代藩主・松平治郷(まつだいらはるさと)(号・不昧(ふまい)、1751~1818年)は、苦しかった藩の財政(ざいせい)を改善(かいぜん)しました。また、茶道(ちゃどう)を普及(ふきゅう)させて、松江を「お茶どころ、お菓子(かし)どころ」として有名にし、茶の湯文化を広めた功績(こうせき)で知られます。松江市民らから、不昧公と親しみを込(こ)めて呼(よ)ばれる大名茶人(だいみょうちゃじん)です。

 治郷は、江戸(現在(げんざい)の東京)の松江藩邸(てい)で生まれました。1767(明和4)年、16歳(さい)で藩主になり、18歳で初めて藩主として松江に入ります。

松平治郷が指示して建てられた茶室・明々庵=松江市北堀町
 松江藩は、たび重なる災害(さいがい)などで藩に納(おさ)める税(ぜい)の年貢(ねんぐ)(収穫(しゅうかく)したお米)が少なくなり、財政に大きな影響(えいきょう)がありました。

 治郷は、農民に年貢を多く納めさせたり、役所の統廃合(とうはいごう)・人員整理、藩士の給料の減額(げんがく)などの改革(かいかく)を進めました。また、薬用にんじんや、ろうを取るハゼ、綿(わた)の栽培(さいばい)など、産業振興(しんこう)に熱心に取り組みます。

 さらに、宍道湖(しんじこ)の増水(ぞうすい)によってたびたび水害に見舞(みま)われていたことから1785(天明5)年、清原太兵衛(たへえ)に佐陀川(さだがわ)を掘(ほ)らせました。宍道湖の水を直接(ちょくせつ)、日本海に流す大工事で、洪水(こうずい)を防(ふせ)ぐとともに、佐陀川周辺には豊(ゆた)かな水田ができました。また、宍道湖と日本海を結ぶ水上交通に大きな役割(やくわり)を果たしました。

松平治郷が命名した松江の銘菓。左から山川、若草、菜種(なたね)の里
 治郷は、お茶の世界で大きな功績を残し、後の不昧流の基礎(きそ)を築(きず)きます。国宝(こくほう)、国の重要文化財それぞれ十数点を含(ふく)め、数百点もの茶道具を収集(しゅうしゅう)。貴重(きちょう)な品々は総目録(そうもくろく)「雲州蔵帳(うんしゅうくらちょう)」に記載(きさい)しました。

 国の重要文化財・菅田庵(かんでんあん)(松江市菅田(すがた)町)や島根県指定文化財・明々(めいめい)庵(同市北堀(きたほり)町)の茶室は、治郷の指示(しじ)によって建てられました。楽山焼(らくざんやき)(同市西川津町)、布志名焼(ふじなやき)(同市玉湯(たまゆ)町)、小林如泥(こばやしじょでい)、小島漆壺斎(しっこさい)らによる美術工芸品や銘茶(めいちゃ)、銘菓(めいか)も数多く生まれています。

 1806(文化3)年に引退(いんたい)。18(文政元)年、67歳で亡(な)くなります。

 今から3年後の2018(平成30)年が治郷の没後(ぼつご)200年になることから、松江市は官民の実行委員会を立ち上げて茶会、展示会などの記念事業に取り組む予定です。


2015年6月3日 無断転載禁止

こども新聞