石見・石西 「地方創生~これからのモノづくり」

   大西 正曹氏
 「まいど教授」が、石見地方のモノづくりへ助言

  講 師 大西 正曹(まさとも)氏
               (関西大学名誉教授)

  演 題 「地方創生~これからのモノづくり」



 山陰中央新報社の「石見政経懇話会」「石西政経懇話会」は、平成28年2月16日(火)・17日(水)に定例会を開催します。今回は、関西大学名誉教授の大西正曹(おおにし・まさとも)氏を講師に迎え、「地方創生~これからのモノづくり」と題してお話しいただきます。

 日本の中小企業は内外の厳しい経済環境に直面し、この30年間で大きく変貌を遂げました。「地方創生」が声高に叫ばれる中、今回は中小企業振興が専門の大西正曹氏を講師に迎え、中小企業・地域力再生に向け、モノづくりの未来を切り拓くためのヒントをお話しいただきます。

 大西氏は「まいど、まいど」と大阪、兵庫、和歌山など関西各地の中小企業を足繁く訪ね、その企業が抱える問題解決のための処方箋を提示し、経営者から「まいど教授」「宅急便教授」などと呼ばれ、親しまれています。また、長年の経験を基に、現場の実情を踏まえた提言・助言を行う一方で、新聞・雑誌への執筆、テレビ番組のコメンテーター等も務めています。

 今回の講演では、大西氏が初めて訪れる島根県西部の中小企業の実態を目の当たりにし、石見地方ならではのモノづくりを進めていく上で、示唆に富んだ話が聴けるけるものと思います。どうぞ、ご期待下さい。


 <大西 正曹氏のプロフィール>

 1967(昭和42)年、甲南大大学院修士課程修了。大阪産業大助手等を経て77年佛教大助教授。90年関西大教授、2010年から名誉教授、社会連携部産学官連携コーディネーター。現在は全国各地で講演活動のほか、新聞・テレビ・雑誌等を通じて中小企業振興・地域力再生に向けた提言助言を行っている。他に大阪都市経済調査会委員、大阪モノづくり観光協会理事等の要職も務める。近著に「中小企業再生への道~東大阪30年の歩み」「よみがえる知財産業」など。

     (本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

http://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/index.html

2016年1月30日 無断転載禁止