輝(き)らりキッズ 島根女子ゴルフ界期待の中学生

豪快(ごうかい)なドライバーショットを繰(く)り出す浜崎未来さん=鳥取県伯耆(ほうき)町丸山、大山(だいせん)平原(へいげん)ゴルフクラブ、2015年8月
「夢(ゆめ)は全米(ぜんべい)オープン優勝(ゆうしょう)」

 県アマ選手権(せんしゅけん)を4度制覇(せいは)

   浜崎 未来(はまさき みらい)さん(松江一中3年)


 「全米(ぜんべい)女子オープン優勝(ゆうしょう)」というでっかい目標をかかげ、ゴルフに打ち込(こ)む女子中学生が松江(まつえ)市にいます。同市法吉(ほっき)町、市立第一中学校3年、浜崎未来(はまさきみらい)さん(15)です。中学生ながら実力はすでに島根県内女子アマナンバーワン。大きな夢(ゆめ)の実現(じつげん)に向け、今日も黙々(もくもく)と練習にはげんでいます。

 浜崎さんがゴルフを始めたのは小学1年の時。「父や兄が楽しそうにやっていたから」。二人と一緒(いっしょ)の練習場通いが始まりました。

 そして、小学5年になった2011年、島根県女子アマ選手権(せんしゅけん)で、並(な)みいる大人を破(やぶ)っていきなり初出場初優勝、一躍(いちやく)島根県女子ゴルフ界のホープ誕生(たんじょう)と、関係者の注目を集めました。しかし、直後の全国小学生大会では大たたきし、散々なスコアに。その時のくやしさが「負けずぎらい」(父・恵樹(けいじ)さん)の性格(せいかく)に火を付けます。以来、練習場に通う回数が多くなり、今では週6日と、まさにゴルフ漬(づ)けの毎日です。

笹山麻紀プロ(左)からフォームのアドバイスを受ける浜崎未来さん=出雲市斐川(ひかわ)町上直江(かみなおえ)、斐川ファミリーゴルフ
 その成果はさっそく表れます。県女子アマ選手権は最近5年間で4度制覇(せいは)。13年、15年には中国女子ジュニア選手権新人戦も制し、昨年3月の全国中学生選手権春季大会では3位入賞。数々のプロのステップ・アップ・ツアーにも参加し、プロ選手にもまれて腕(うで)をみがいています。

 身長162センチながら繰(く)り出すドライバーの飛距離(ひきょり)は220~230ヤードと、非凡(ひぼん)さを見せる浜崎さん。「ショットの精度(せいど)やアイアンには自信がある」と話す一方で、「アプローチやパッティングなどの小技(こわざ)で、ねばり強くプレーをすること」と、課題も挙げます。

 そんな浜崎さんの大きな支(ささ)えになっているのが、出雲(いずも)市に練習拠点(きょてん)を置く笹山麻紀(ささやままき)プロ(46)の存在(そんざい)。プレーでの課題や悩(なや)みがあると、すぐに笹山プロの下にかけつけ、指導(しどう)をあおぎます。

 笹山プロは「体が柔(やわ)らかく、シンプルで力強いスイングで飛距離も出る。ゴルファーとしての素質(そしつ)と実力は十分」と話し、「課題は体調管理に注意し、年間を通して波がないようにすること。これを克服(こくふく)すれば、島根県では久しぶりの女子プロ誕生も遠くはない」と期待を寄(よ)せます。

 「高校ではアマの大会でさらに実績(じっせき)を積みたい。卒業後にプロになり、国内で活躍(かつやく)してから海外ツアーに参戦、そして全米女子オープンで優勝したい」。浜崎さんは大きな夢の実現に向かって、しっかりと青写真を描(えが)いています。


≪プロフィル≫

【好きな科目】 体育

【好きな言葉】 目の前の小さな事を大切に

【尊敬(そんけい)する人】 両親

【好きな食べ物】エビ、梅

【好きな歌手】 セレーナ・ゴメス

【好きな色】  白


2016年2月24日 無断転載禁止

こども新聞