JFL昇格今年こそ 松江シティ選手ら必勝祈願

白潟天満宮で必勝を祈願する松江シティFCの田中孝司監督(右から3人目)や選手
 日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指す、中国サッカーリーグの松江シティFCは19日、島根県松江市天神町の白潟天満宮を訪れ、必勝を祈願した。

 田中孝司監督(60)や新加入11選手を含む選手23人、スタッフ、サポーターなど約50人が集った。

 選手らはおはらいを受けると、チームを代表して田中監督や今季から主将を務めるMF田平謙選手(27)、コーチ兼任のMF実信憲明選手(35)ら6人が玉串をささげ、中国リーグ優勝とJFL昇格を祈った。

 田中監督が「最後まで諦めないサッカーをする」と意気込めば、田平主将は「(昇格の懸かる)地域決勝大会を意識した戦いをして今年こそ昇格する」と決意を口にした。

 リーグ開幕は4月2日。松江シティは広島県福山市のツネイシフィールドで昨季8位のJX水島(岡山)と対戦する。

2016年3月20日 無断転載禁止

  • 47クラブ