松江シティ 開幕戦白星スタート 中国サッカーリーグ

【第1節・松江シティFC|JX水島】前半44分、松江シティのFW田口翔輝(左)がMF吉永和真のクロスに詰め、先制のオウンゴールを誘う=広島県福山市、ツネイシフィールド
 第44回中国サッカーリーグが2日、広島県福山市のツネイシフィールドなどで開幕し、第1節5試合が行われた。3連覇を狙う松江シティFCは昨季8位のJX水島(岡山)を2-0で下し、4季連続の白星スタートとなった。 

 3季連続2位のデッツォーラ島根は2-3で昨季7位のゼロックス(広島)に惜敗。4季ぶり参入のSC鳥取ドリームスは昨季3位の三菱水島FC(岡山)に0-3で敗れた。

 リーグ戦は9月25日まで全18節。第2節は3日、ツネイシフィールドなどで5試合があり、松江シティは昨季6位のNTN岡山と対戦。デッツォーラは昨季4位のSRC広島、SC鳥取は昨季5位の環太平洋FCと対戦する。


 ▽第1節

松江シティFC 2 1-0 0 JX水島
           1-0   (岡山)

▽得点者【松】オウンゴール、田口翔輝(1)


 松江シティ光る堅守

 【評】松江シティは攻撃で苦しみ、オウンゴールを含む2ゴールながら、安定した守備を見せ、危なげがなかった。

 立ち上がりから攻勢でFW田口らがシュート。前半44分、MF吉永の右クロスに、ゴール前で詰めた田口がオウンゴールを誘い、先制。後半42分、MF谷尾のシュートのこぼれ球を田口が押し込み、突き放した。

 新加入の酒井、平林らDF陣が最後まで集中し、相手のシュートを3本に抑えた。

2016年4月3日 無断転載禁止

  • 47クラブ