松江シティ落胆ドロー 中国サッカーリーグ

【第2節・松江シティFC-NTN岡山】前半14分、松江シティのMF吉永和真がゴールを決め、先制する=広島県福山市、ツネイシフィールド
 第44回中国サッカーリーグは3日、広島県福山市のツネイシフィールドなどで第2節5試合が行われ、松江シティFCは昨季6位のNTN岡山と2-2で引き分けた。2点リードから後半40分、45分のゴールで追い付かれ、開幕2連勝を逃した。

 昨季2位のデッツォーラ島根は2-6で同4位のSRC広島に大敗、今季昇格のSC鳥取ドリームスは昨季5位の環太平洋FC(岡山)に0-3で敗れ、ともに2連敗となった。

 第3節は10日に5試合があり、松江シティは松江市営陸上競技場で、SC鳥取ドリームスと地元開幕戦を迎える。デッツォーラは新参入の廿日市FC(広島)と対戦する。


 ▽第2節

松江シティ 2 1-0 2 NTN岡山
FC       1-2   

▽得点者【松】吉永和真(1)田宮勇次(1)【N】三宅将徳(1)田中建次(1)


 【評】松江シティは2点リードで迎えた終盤、立て続けに2点を奪われ、勝ち点3を取り損ねた。

 立ち上がりからMF田平を起点に、前線へボールを供給。前半14分、ゴール前で田平からパスを受けたMF吉永のゴールで先制した。後半7分には途中交代のDF田宮のシュートで突き放し、その後も、途中出場のMF実信の正確なパスなどで優勢だった。

 だが、後半40分、左サイドのフリーキックから頭で決められると、同45分にはゴール前の混戦から相手FWに押し込まれ、逃げ切れなかった。

2016年4月4日 無断転載禁止

  • 47クラブ