レッツ連歌(下房桃菴)・4月14日付

 大阪天満宮鷽(うそ)の会主催の「浪速の芭蕉祭」、今年は第10回の節目を迎えます。偶数回には恒例の前句付の募集があり、実は私がお手伝いしております。

 今年の前句は、

  蚊の鳴くような声に目が覚め

 ふだんのレッツの心持ちで、この句に五七五の句を付けてください。

 はがきに「前句付の部」と明記して、一人5句まで。〒590―0405大阪府泉南郡熊取町大久保南4―23―12、岡本賢一氏(電話072・452・6350)宛て、お送りください。郵便番号、住所、氏名、電話番号もお忘れなく。締め切りは8月15日(月)。入選発表と表彰は、10月9日(日)の「芭蕉祭」当日。

 レッツ勢からは、毎回たくさんの優秀作が寄せられております。

 なお、川柳の募集も同時に行われていて、今回の題は「揺れる」。選者は神戸新聞川柳欄担当の八上桐子氏。はがきに「川柳の部」と明記して一人5句まで。応募先、締め切り等は同前。

 レッツ子には川柳のお上手なかたも多いので、こちらも楽しみにしております。

(挿絵・FUMI)
           ◇

 包丁は無理ハサミなら使えます

指を切ったがトラウマとなり  (雲南)渡部 静子

チンしただけのおふくろの味
            (沖縄・石垣)多胡 克己

ひきちぎるよりお上品でしょ  (松江)土江 ユミ

離れて気づくふるさとの味   (浜田)山崎 重子

どんなニギリを食わせられるか (松江)高木 酔子

動物ショーは午後一時から   (松江)山崎まるむ

ままごと遊びはかあさんのマネ (雲南)板垣スエ子

哀(かな)しいだろが待っててこいさん
               (益田)可部 章二

得意なことを伸ばす教育    (松江)本田  章

松葉ガニならこれでいいのだ  (松江)田中 堂太

左官屋さんは鏝で絵を描く   (松江)川津  蛙

ハローワークにやってきたカニ (松江)庄司  豊

妙に気の合う嫁と姑(しゅうとめ)
               (江津)花田 美昭

弘法は筆を選ばずという   (津和野)岡田 忠良

三行半(みくだりはん)は古いお話
           (広島・北広島)堀田 卓爾

松前漬ならお手のものです   (雲南)小林多美子

昆布刻んでママの手伝い    (松江)中西 隆三

強盗検定また不合格      (浜田)勝田  艶

反省猿に芸を仕込んで     (飯南)塩田美代子

片足立ちのスクワット兼ね   (出雲)矢田カズエ

魚屋の子が理容師になり    (安来)根来 正幸

切りはぎ細工する割烹(かっぽう)着
               (松江)安東 和実

家中みんなママが散髪     (益田)吉川 洋子

マイキッチンは近くのコンビニ (雲南)都間ゆかり

妻はこのごろスマホ中毒    (益田)石川アキオ

小学校はナイフ厳禁      (松江)持田 高行

英会話より家庭科が先     (益田)石田 三章

イキな絵になる寄席の色物   (松江)岩田 正之


           ◇

 ユミさんの句は、ごもっとも。「お上品でしょ」とお上品ぶった、そのおすましぶりが、またみごと!

 章二さんの法善寺横丁―、はよう立派な板場はんになりいや、…いうても無理やろなぁ。

 ハサミの縁で、「カニ」を詠んだ句はたくさんいただきましたが、豊さんは「ハローワーク」を出して入選。

 「紙切り」の句も多かったのですが、正之さんは、そのことばを伏せて入選。

 なお、おカタい向きには不謹慎だと叱られそうな句も、今回は採ってあります。あくまでお遊びということで、お許したまわりますよう、お願い申しあげます。

           ◇

 次の前句は、

  一喜一憂するバカらしさ

 付句は五七五です。

(島根大学名誉教授)

2016年4月14日 無断転載禁止

こども新聞