デービス「ベスト5」、島根は「地域貢献賞」受賞 TKbjリーグ

 プロバスケットボール男子TKbjリーグの2015~16シーズン「ベスト5」が27日発表され、島根スサノオマジックのジョシュ・デービス(25)が選ばれた。最多リバウンドのタイトルに続く個人賞。島根からの受賞は12~13シーズンのジェラル・デービス以来3季ぶり3人目。

 デービスはリーグ最多の1試合平均15・5リバウンドなど、攻守にわたり活躍。センター・フォワード部門(3人)の一人として、監督、選手らの投票で選ばれた。

 米国出身で、来日1季目で受賞のデービスは「とても光栄。チームメートやコーチ陣、素晴らしいファンの支えに感謝している」とコメントした。

 この他、島根は、球団として地域貢献活動が認められ「bjハーモニー賞」を初受賞。レギュラーシーズン最優秀選手(MVP)は仙台89ERS(エイティナイナーズ)のウェンデル・ホワイトが6年ぶり2度目の受賞となった。

2016年4月28日 無断転載禁止

  • 47クラブ