松江シティ失意のドロー 中国サッカーリーグ

【第7節・松江シティFC-SRC広島】前半2分、松江シティFCのFW田口翔輝(左)が先制シュートを決める=廿日市市サッカー場
 第44回中国サッカーリーグは1日、第7節5試合が行われた。松江シティFCは広島県廿日市市サッカー場で5位のSRC広島と対戦し、1-1で第2節以来のドロー。通算5勝2分け、勝ち点17で、順位は首位のまま。

 デッツォーラ島根は3位のNTN岡山を2-0で下し、通算2勝1分け3敗、勝ち点7としたが、順位は9位のまま。最下位のSC鳥取ドリームスはゼロックス(広島)に0-6で大敗した。

 第8節は7、8日に計5試合。松江シティは8日、灘崎町総合公園(岡山市)で2位の三菱水島FC(岡山)と激突する。

 デッツォーラは7日に環太平洋大赤坂グラウンド(岡山県赤磐市)で8位の環太平洋FC(岡山)と対戦。ドリームスは8日、ホームのどらドラパーク米子陸上競技場に7位のJX水島(同)を迎える。


 ▽第7節

松江シテ 11-01 SRC広
ィFC   0-1  島


▽得点者【松】田口翔輝(2)【S】甲田隼大(1)


 【評】松江シティは攻撃のリズムが悪く、先制しながら追いつかれ、ドローに終わった。

 前半2分にFW田口が相手ゴール前で右サイドからの浮き球を競り合って奪い、右足で蹴り込み先制したものの、その後はロングボール中心の単調な攻撃を繰り返した。

 後半15分には相手の右クロスから自陣ゴール前で競り合いとなり、正面から蹴り込まれて同点とされた。

 勝ち越しを狙った攻撃は、運動量の落ちた相手から再三好機はつくったが、決めきれなかった。

2016年5月2日 無断転載禁止

  • 47クラブ