熊本地震、山陰経済にも影響

 熊本、大分両県で相次ぐ地震が、山陰両県の経済にも影響を与えている。4月26日現在、観光面では国内外の団体ツアー客の予約キャンセルが続き、損壊により現地の店舗の営業を停止していている企業もある。部品メーカーの被災で、サプライチェーン(調達・供給網)も一部で滞っており、青果市場は熊本県産野菜の今後の集荷を懸念している。(5月3・10日合併号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2016年5月3日 無断転載禁止