安来市立宇賀荘小5・6年生 私はこう思う

オバマ米大統領被爆地・広島訪問

 オバマ米大統領が5月27日、アメリカの現職大統領としては初めて被爆地・広島の平和記念公園を訪問しました。大統領は平和記念資料館を見学した後、原爆死没者慰霊碑に献花。被爆者らが見守る中で演説し、「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければいけない」と訴えましたが、注目された被爆者への謝罪はしませんでした。

 安来市立宇賀荘小学校(安来市清井町)の5、6年生児童16人は、平和学習の一環としてこのオバマ大統領の広島訪問を取り上げ、授業の中で新聞記事を読んだり、テレビニュースを見たりして、自分たちの意見をまとめました。子どもらしく、素直で率直な感想を記しています。16人全員の作品を紹介します。


原爆理解意味あった

 6年 松本  心


 私は、オバマ大統領が原爆ドームを見て「核兵器のない世界を」と言ってくださってうれしかったです。なぜなら、大統領は核を持っているアメリカの人なのに、そんなことを言ってくれるとは思わなかったからです。

 それに、「共に平和を広め」と大統領が言われたので、アメリカも核をなくしてくれるといいなぁと思いました。

 私は、原爆のひどさやおそろしさを大統領に理解してもらえたと思うので、来られたことはまちがっていなかったし、意味があったと思います。

 私は修学旅行で広島に行くので、実際原爆ドームを見て、どれだけ原爆がおそろしく、こわいものなのかを感じたいなぁと思いました。これからは核のない世界にして、平和に暮らしたいなぁと思いました。


大統領にも伝わった

 6年 深田 柚葉


 私はオバマ大統領が広島に来てくれてうれしかったし、とても良いことだったと思います。なぜなら、大統領は短い時間だったけど、少しでも原爆のおそろしさ、被害のひどさを感じてくれたと思うからです。

 被爆者7人の前で、オバマ大統領が思っていることを話してくれたのもとてもうれしかったです。大統領が「共に平和を広め、核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう」と言っておられて、その言葉が心に残りました。

 「短い時間だったから、オバマ大統領に伝わってない」という人もいると思います。でも、それはその人の考えで、私とは全くちがいます。私は短い時間でも大統領にはちゃんと伝わっていると思います。だから、私は大統領が広島に来てくれて本当にうれしいです。


これからどうするか

 6年 深田 湖都


 オバマ大統領が広島を訪れられて、私はとても良かったと思います。

 理由は二つあります。一つ目は、いろんな所を見学されて「核兵器のない世界を追求する」と発言していたので、これからはそうしてくれると思うからです。

 二つ目は、演説で「当時のことは忘れてはいけない」「核兵器のない世界を追求する」と、これからについても考えておられたからです。

 大統領は謝罪はされませんでしたが、「核兵器のない世界を追求する」と言っておられたので、謝罪の言葉ではなくても、これからどうするのかを行動で示してくださったら、それでいいと思います。

 私は大統領が広島に来られて原爆のこわさを知ってもらうことができたので、これからは核兵器のない世界になってほしいです。


演説内容にびっくり

 6年 岩崎 楓香


 私はオバマ大統領が広島に来てくださって、「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければいけない」という言葉を述べてくださったことを、とてもうれしく思いました。

 アメリカは核兵器を持っている国なのに、「核兵器のない世界」をめざしているのにおどろきました。また、「追求する勇気を持たなければいけない」と言っておられたのにもびっくりしました。

 「謝罪をしてほしい」と言っておられる方もあると思いますが、広島を訪問するだけでもいいことだと私は思います。

 オバマ大統領が広島を訪問し、スピーチをされたことはとてもいいことだし、うれしいことでした。私は修学旅行で平和記念資料館に行って、原爆のこわさ、おそろしさを知りたいです。


自ら決断で良かった

 6年 山本 芽依


 オバマ大統領は、広島で原爆ドームや平和記念資料館などを見学されました。私は大統領が平和記念資料館を見学されたので、原爆がどれだけおそろしいものか分かってもらえて良かったです。

 オバマ大統領の広島訪問はアメリカでも問題になったそうですが、大統領が自ら決断してくださったので、アメリカにとっても日本にとっても良かったと言えるでしょう。大統領の目で直接見てもらえたことも良かったと思います。

 オバマ大統領も悩んで悩んで広島訪問が決まったのに、来てもらう日本側が「あやまって」などと言ったらいけないし、私も言いたくない、人を傷つける言葉だと思います。

 私は一日でも早く核のない平和な世界になってほしいです。広島に行くのもこわくなくなってきました。


前向きな言葉に勇気

 6年 福田奈々子


 オバマ氏が米国の大統領として初めて被爆地・広島に来られ、当初は「声明」とされていましたが、「演説」になりました。このことについて、私は良かったと思っています。

 第一の理由は、71年目にして広島に来られたので、未来への第一歩になったと思ったからです。第二の理由は、演説で「未来」や「始まり」という前向きな言葉をおっしゃっていて、被爆者の方が勇気づけられたと思ったからです。

 今回、謝罪はなかったけど、もし謝罪があったら、私は軽い気持ちであやまっていると思ってしまいます。

 最後に、オバマ氏の大統領としての任期は残り少ないけれど、自分がおっしゃった言葉を行動に変えて、71年前のような悲劇にならないように変わってほしいです。


謝罪しなくてもいい

 6年 祖田さえこ


 原爆の被害にあわれた広島の方々の中には、オバマ大統領に「謝罪をしてほしい」と思う人もおられると思います。でも、私は大統領は謝罪をしなくてもいいと思います。

 理由は二つあります。

 一つ目は、原爆を投下した時、オバマ大統領がアメリカの大統領ではなかったからです。オバマ大統領が「戦争をやろう」と言ってはいないからです。

 二つ目の理由は、オバマ大統領が「世界中が平和になってほしい」と言っておられたからです。私も大統領と同じ思いで、世界中が平和になってほしいと思っているからです。

 オバマ大統領が広島へ来られ、戦争にあわれた方々の思いは少しでもおだやかになったと思います。大統領が広島に来られて良かったと思います。


米国の人にも伝えて

 6年 祖田浩太郎


 ぼくは、オバマ大統領が広島を訪問したことで、被爆者の気持ちが大きく変わると思います。

 オバマ大統領がいろいろと見学されて、原爆のおそろしさが分かり、被爆者はそのおそろしさを分かってもらうだけで、とてもうれしかったと思います。

 原爆についてオバマ大統領が見学されるということで、大統領自ら核兵器をなくそうとしていることが分かります。少ない時間で原爆のことをたくさん学ばれたと思います。その学ばれたことをぜひアメリカの人にも伝えてほしいです。

 この出来事で、広島に行くのがとても楽しみになりました。ぼくは特に平和記念資料館で焼けたお弁当を見たいです。なぜなら、本にのっていたからです。自分から原爆の本を借りて、どんどん原爆について知りたいです。


「謝罪しない」に納得

 6年 佐々木若菜


 広島を訪問されたオバマ大統領はたくさんの方々の前で演説をされました。

 私は、オバマ大統領が演説するときに「謝罪をしない」という言葉に納得しました。なぜなら、アメリカは原爆を広島に落としたけど、アメリカが原爆を落としたから日本とアメリカの戦争が終わった、と聞いたからです。

 でも、私と反対の意見の人もたくさんおられると思います。謝罪をしてほしいと思う人や、謝罪はしなくてもいいという人、考え方は人それぞれだと思います。

 でも、謝罪をしない代わりに、原爆が投下された広島を見てどんなことを感じたのか、アメリカの人々に伝えてほしいです。さらに、伝えるだけではなく、核兵器のない世界にするために、国民みんなの問題として真剣に考えてほしいです。


核ボタン持参は疑問

 6年 石黒百々花


 オバマ大統領が広島を訪問されましたが、本当に核兵器が恐ろしいものと分かって、核兵器のない世界にしたいと思っているのか、それが私の意見です。

 第一の理由は、この訪問時に核ボタンを持ってきていたからです。心から核兵器を使いたくないと思っているのなら、絶対に核ボタンは持ってこないはずです。

 第二の理由は、核兵器をなくさないといけないのに、勇気を持たないと核兵器を持つのをやめられないのはおかしいと思うからです。

 訪問されたことは良いことだと思いますが、宣言しただけで何も変えようとしないように思います。心にひびくようなことをもっと言ってほしいと思います。

 もう一度広島へ行き、一生わすれないことにしてほしいです。


もっと早く来るべき

 6年 高木 和奏


 オバマ大統領が広島を訪れたことが話題になりましたが、もっと早く訪れてほしかった、というのが私の意見です。第一の理由は、大統領の任期があと半年しかないということです。半年となると、できることも限られてきます。半年で何ができるでしょうか。第二の理由は、オバマ大統領は演説しただけで、原爆のことについてあまり分かっていないのではないでしょうか。平和記念資料館にはたった10分しかいなかったそうです。それで原爆のことが分かったでしょうか。

 広島に来ることはむずかしいと言っているけど、これまでにアメリカの駐日大使らが訪問されています。もっと早く訪れることができたのではないでしょうか。私は訪れてくださったことで原爆のことを学べて良かったけど、もっと早く来てほしかったです。


この時を待っていた

 5年 内田 歩夢


 オバマ大統領がひばく地・広島を訪問しましたが、多分、広島の方や、それ以外の日本の全ての人々が、この時を待っていたと思います。

 なぜなら、大統領の広島訪問によって、原爆のおそろしさや、どれだけのつらさや悲しみがあったかがわかるからです。世界中から核がなくなり、地球が平和になればいいからです。

 ぼくは広島に行ったことがないからわからないけれど、大統領がひばく者の方と話して、どんなにつらさ、悲しみを知ったか、記事を読んで感動しました。

 ぼくたちも来年に修学旅行で広島に行くので、このことを大事に考え、どれだけの人が原爆のひ害にあったか、調べたいです。ぼくはこのことがあって感動したからこそ、これからの社会で核をなくしたいと思いました。


平和な世界へ第一歩

 5年 野坂 幸輝


 オバマ大統領が広島をおとずれました。ぼくは広島に原爆が落とされたことで、どれだけの被害が出たのかを、オバマ大統領に知ってもらえただけでとってもうれしいです。

 第一の理由は、平和な世界をつくるには、オバマ大統領に原爆のひどさを知ってもらう必要があったからです。ぼくは大統領の広島訪問は、平和な世界をつくる第一歩になったと思います。

 第二の理由は、大統領は「核兵器なき世界をつくりたい」と言っておられたので、広島を訪れて思いが深まったと思います。

 米国の大統領が広島に来られたことで核がへるきっかけになると思うので、とてもうれしいことだと思います。ぼくは修学旅行で広島に行って原爆のひどさを知りたいです。


勇気ある演説の言葉

 5年 ■(角のつくりが用)森 亮太


 オバマ大統領が広島に来て「核のない世界を追求する。勇気を持たなければいけない」と演説しました。ぼくもこんなすばらしいことを言ってみたいです。

 なぜなら、アメリカは核兵器を持っている国なのに、みずから言うなんてびっくりしたからです。核兵器を持っているのに「なくそう」と言うなんて、とても勇気があるなぁと思いました。

 たった1時間では物足りないという人もいるかもしれません。でも、大統領は初めて広島に来て、被爆者からたくさんの話を聞き、原爆ドームも見ていただきました。

 少ない時間でも、他のアメリカの大統領は来なかったから、それは少なくともすごいことで、大統領はものすごくえらい人で、これは歴史的な第一歩じゃないかなあと思いました。


自分の目で見学感動

 5年 柘植 愛子


 オバマ大統領が広島に来られて、原爆ドームなどをおとずれました。私はオバマさんが広島に来てくださって、原爆のおそろしさなどを見てもらえたのですごくうれしかったです。

 うれしく思った理由は二つあります。一つ目はアメリカでも問題になっていましたが、オバマさんが決断してくださったからです。二つ目は原爆ドームや平和記念資料館など、オバマさんの目で見てくださったからです。

 私は昨年の夏休みに広島の原爆ドームに行きました。がれきがたくさんあって、建物がこわれていて、こわかったです。その原爆ドームをオバマさんに見てもらえて、とても感動しました。

 私は核兵器のない世界になってほしいし、核兵器のない、安心してくらせる世界に住みたいです。


十分来たかいあった

 5年 山本 悠雅


 ぼくは、オバマさんが広島に来てくださって、とてもうれしかったです。ぼくは、広島に原爆が落ちたことをいつまでもわすれてはいけないと思います。

 第一の理由は、ぼくはオバマさんが広島に来てくださったことで、世界も変わると思ったからです。第二の理由は、広島に原爆が落ちたのは、日本やアメリカだけでなく、世界中の国々がかかわったことだからです。

 オバマ大統領の訪問時間は短かったけれど、原爆投下のことをよく分かってもらえたと思うし、原爆のこわさもわかってもらえたので、ぼくはとてもよかったと思います。

 今回、本当にオバマ大統領は広島に来たかいがあったんじゃないかなぁと、ぼくは思いました。ぼくはとってもよかったと思います。

2016年6月20日 無断転載禁止

こども新聞