島根県内向け選挙公報印刷 中央新報製作センター

選挙公報の印刷具合を確認する島根県選管の担当者=出雲市斐川町上庄原、山陰中央新報製作センター
 参院選の島根県内向けの選挙公報30万8700部が28日、出雲市斐川町上庄原の山陰中央新報製作センターで印刷された。県選挙管理委員会が各市町村選管などを通じ、投票日2日前の7月8日までに各世帯に配布する。

 選挙公報はモノクロで、新聞紙面と同じ大きさのブランケット判。選挙区1ページ、比例区8ページで立候補者の顔写真や経歴、公約などを掲載している。

 この日は県選管の担当者5人が刷り上がったばかりの選挙公報をチェックし、文字などのかすれやにじみ、汚れの有無を確認した。

2016年6月29日 無断転載禁止