鳥取・島根合区 青木氏リード保つ 福島氏伸び悩み

 山陰中央新報社は、10日に投開票を迎える参院選で、島根、鳥取両県の有権者を対象に3日から3日間、世論調査を実施した。取材で得た情報を加味した結果、鳥取・島根合区選挙区(改選数1)は島根県選出で自民党現職の青木一彦候補が両県全域で支持を広げ、優勢を保っている。民進、共産、社民、生活各党が推薦する野党統一候補で、米子市出身の無所属新人福島浩彦候補は、伸び悩んでいる。諸派(幸福実現党)新人の国領豊太候補は厳しい。ただ、4割近くが投票先を「決めていない」としており、流動的な要素を残している。

 両県で組織戦を展開する青木候補は、島根側で出身地の出雲市周辺や県西部で着実に支持を広げ、大票田の松江市でも他候補を引き離し、安定している。

 鳥取側では、当初苦戦が伝えられた県中部で巻き返した一方、県西部の西伯、日野両郡(日吉津村を除く)では、福島候補の追随を許している。年代別ではまんべんなく支持を獲得している。

 支持政党別では、島根で8割強、鳥取で7割以上の自民党支持層を固める。党鳥取県連が比例代表に候補を擁立したため、選挙協力が難しくなったとみられていた公明党からも、島根で8割強、鳥取で6割強の支持を集めている。無党派層からも、3割強から支持を得ている。

 鳥取側で支持を伸ばしたい福島候補は、出身地の米子市周辺で伸びを欠き、鳥取市を中心とした県東部でも青木候補に後れを取っている。島根側では、県境の安来市で追い上げているほか、大田、江津両市、邑智郡で善戦するものの、全般的に青木候補に水を空けられている。

 支持政党別では、民進、共産両党の支持層に比べ、社民党に浸透しきれていない。勝利に不可欠な無党派層の支持は3割以下にとどまり、終盤での課題になっている。

 一方、投開票日が近づく中で、39・6%が投票先を「まだ決めていない」と回答。特に、無党派層の63・0%が態度を未定としており、情勢はなお予断を許さない。

2016年7月6日 無断転載禁止