女子ログ ものの背景

 私の周りには、ものづくりを仕事にしている人が多い。芸術家、道具を作る職人、農家や料理人と、ジャンルはさまざまだ。それぞれがものを作り出す過程には多くの苦労があるが、消費者が目にするのは完成した作品や商品である。

 日頃、料理の仕事で使う道具について職人の友人に相談をしたり、農家の友人のところに食材を仕入れに行ったりする。その時に、その人が手がけたものの「ここがイチ押し」というポイントはもちろんだが、私は作る過程での困難や苦労話を聞くのが好きだ。普段、完成品を手にする時には気にも留めないような意外なところに、作り手の心遣いがあるのが分かって興味深いのだ。作り手から直接、そうした話を聞き、ものの背景を知ると、手元の道具や食材をもっと大切に扱いたくなる。作り手の気持ちを生かそうと、こちらもより工夫して料理をしようと思う。

 ものづくりをする人にはわざわざ苦労話を披露する人はあまりいない。皆黙々と仕事をしていて格好がいい。最近はネットで何でも手に入り、「いいね!」と言われるような表面的な部分に注目が集まりがちに思う。でも外からは見えない背景に、ものの良さやその理由は潜んでいる。作り手の声を聞く機会がもっと増えれば、いつもの道具や食材も、少し贅沢(ぜいたく)なものになるのだと思う。

 (松江市・ツキ)

2016年7月16日 無断転載禁止