女子ログ 4歳の母性

 今月、息子と娘がそろって誕生日を迎えました。プレゼントは何がいいかな?と迷い、子どもたちと一緒に下見に出掛けました。

 オープンして間もない近所の大型ショッピングセンターには広大なおもちゃ売り場があり、その場で遊べる商品がたくさん展示されています。2時間近く遊び倒して、息子がようやく選んだのはブロック玩具の忍者城。娘は私が薦める着せ替え人形や動物の人形シリーズには目もくれず、ある人形を選びました。

 その人形は、着せ替えをしたりミルクを飲ませたりして遊ぶ、いわゆる愛育ドール。身長26センチ、3頭身くらいの女の子のお人形です。一緒にお風呂に入れるのが特長で、お湯につけると何と髪が茶色からピンクに変わります。

 さて数日後の誕生日当日、プレゼントを買って帰りました。娘はその日から、起きている間はずっと人形に夢中。自分が2階に上がるだけで「待っててね」、戻ってくると「さみしかった?」。保育園から帰るとすぐ「お風呂に入る?」。夜はおなかをトントンしながら一緒に寝ています。

 弟妹のいない娘は、自分より小さいもののお世話をすることにものすごい喜びを感じたよう。4歳でも母性というのがあるんだなぁ…と感心しました。その愛、いつまで続くのでしょうか。

 (出雲市・海苔蔵)

2016年7月26日 無断転載禁止