島根県おすすめ名産・特産品をご紹介

お取り寄せ、贈答サイト47CLUB(よんななクラブ)は、地元をよく知る地方新聞社が実際に探し回って、見て、使って、食べて「これはすごい!」と思った名産、特産、スイーツ、グルメをお取り寄せ、贈答できるショッピングサイトです。皆さんもぜひ47CLUBへアクセスしてみてください!

7月の魚・マアジ(スズキ目アジ科)

 なじみ深い食卓の定番

 アジは日本の食卓の定番としてなじみ深く、魚初心者さんにもぜひ挑戦してほしい魚です。今年は浜田漁港(浜田市)のブランド魚「どんちっちアジ」が3年ぶりの豊漁で、品質もいいそうです。

 「味」のよさからその名がついたと言われ、青魚の中でもグルタミン酸、イノシン酸といったうまみ成分が豊富。淡泊ながら脂もあり、刺し身、煮付け、塩焼き、揚げ物、干物など何にでもできる万能選手です。刺し身を買えば、たたき、なめろう、フライ、南蛮漬けなどに簡単にアレンジできます。

 健康にいい成分も多く、注目は不飽和脂肪酸のEPAとDHA。コレステロールを抑え血流をよくする働きや、脳細胞を活性化する効果があるといわれます。この二つは酸化しやすいので、抗酸化作用のある大葉やレモン、トマトなどと一緒に食べると理想的。ほかにもタウリン、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ナイアシンなど体に必要な栄養素を豊富に含みます。身だけでなく皮にも栄養がありますよ。

 今回は三枚おろしを使ったサッパリ夏向きレシピを紹介します。

 (料理研究家・土井小百合、松江市在住)


     アジのさっぱりマリネ
 ■アジのさっぱりマリネ■

 <材料4人分>

 マアジ4匹、タマネギ、トマト、レモン各1/4個、パセリのみじん切り大さじ1、調味料(酢大さじ1.5、サラダ油大さじ2、塩、砂糖各小さじ1/2、こしょう少々)、白ワイン大さじ2

 <作り方>

 (1)アジは三枚おろしに。できなければ、さばいてあるものを買うか、お店でさばいてもらう

 (2)タマネギはみじん切り、トマトは1センチ角、レモンは薄く半月切りにする

 (3)(2)とパセリのみじん切り、調味料を混ぜる

 (4)鍋に水2カップを入れ、沸騰したら白ワインを加える。アジの身を2、3枚ずつ、さっと火が通る程度にゆでる。湯をきって(3)につける

 (5)あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。30分後が食べ頃


 ※お魚ひとくちMEMO※

 アジにはマアジ、マルアジ、メアジ、ムロアジ、シマアジ、カイワリなどの種類があり、マアジが最も漁獲量が多く、食味も良い。「どんちっちアジ」は4~9月に島根県西部で捕れた50グラム以上、脂質が平均10%以上のマアジをいう。漁業・養殖生産統計によると2014年度のマアジの漁獲量は島根県が4万2513トンで、約4万5千トンの長崎県に次いで2位。3位は鳥取県で6861トンだった。

2016年7月26日 無断転載禁止