女子ログ ふるさとの味

 私の家はしょうゆといえば浜田の製造会社製、みそといえばCMソングも思い浮かぶ山陰でよく知られた商品。違うものを使うと、料理がいつもの味にならない。今、住んでいる岡山では売っていないので、帰省時にたくさん購入して持ち帰る。

 娘は大のきな粉好きだ。岡山に来て初めて、慣れ親しんできたきな粉が島根の会社のものだと知った。島根ではスーパーの棚に当たり前に並ぶ緑の袋が、こちらではどこを探してもない。でも、違うきな粉じゃダメなのだ。試しに違うメーカーのものを娘に食べさせ、袋を二つ並べ「お代わりどっちがいい?」と聞くと、迷わず緑の袋を指さす。2歳の子でも分かるほど、味が違うのだ。

 社会人になって、なるべく地元に貢献したいと、地元企業を意識するようになった。岡山のスーパーでも、鮮魚売り場で宍道湖産のシジミ、どんちっちアジ、野菜売り場で鳥取県、島根県産の野菜をよく見かける。おいしい上に、何だかうれしなつかしで、よく買っている。少し離れたところから、ふるさと山陰を微力ながら応援している。

 最近になって、しょうゆもみそもきな粉もネットで購入できることを知った。なんて便利な時代になったの。でもせっかくなので、これからも地元の母に送ってもらおう。母親からの宅急便含めて、ふるさとの味、だもん。

 (松江市出身、倉敷市在住・ぽよ美)

2016年7月27日 無断転載禁止