女子ログ メンテナンス

 5年前、ぎっくり腰をやった。当時、ダンスの公演前だったので、練習三昧で疲れがたまっていたのだろう。目が覚めたら腰が痛かった。体を動かせば治るだろうと安易な判断が致命的だった。練習を終えると、動けなくなってしまった。

 安静にしていればよかったものを、公演日が迫っていたので痛み止めを飲んで、コルセットを巻いて臨んだ。それ以来、ぎっくり腰が癖になってしまった。疲れがたまると腰が痛くなる。こんな代償を払うことになるとはその時は考えもしなかった。

 先日、海外旅行から帰ってきた時にも痛くなった。今までの痛さと違い、時に電気が走るような激痛が起きる。歩くのもつらかった。長時間のフライトのせいだろうと、近くの整形外科で診てもらったが、一向に治らない。また次のダンス公演が迫っており、針やマッサージで痛みを軽くして何とか本番を終えた。

 こんなことを繰り返していてはいけないと思い、総合病院で詳しく検査してもらった。診断はヘルニア。原因がはっきりしてホッとし、今は無理せず休養している。これまで自分の体ときちんと向き合ってこなかったことを反省している。

 私ももう無理が効かない年になったのだ。そう自覚し、体の変調に敏感になり、メンテナンスを怠らないようにしよう。

    (安来市・ロラ)

2016年8月10日 無断転載禁止