きらめく星 夏休み注目の天文現象

ペルセウス座流星群(ざりゅうせいぐん)と火星(かせい)の移動(いどう)

 夏休み後半に注目の天文現象(げんしょう)を二つ紹介(しょうかい)しましょう。

 一つはペルセウス座流星群(ざりゅうせいぐん)です。一晩(ひとばん)に多くの流れ星が観察できる流星群は、一年のうちに何回か、決まった時期に現(あらわ)れます。ペルセウス座流星群は8月12日から13日にかけて最も多く流れます。1時間に50以上の流星が空じゅうに現れる、一年の中でもたいへん見やすい流星群の一つです。

 寒くない時期でもあり、どの方向の空にも見られますので、マットの上などに寝転(ねころ)がって観察するのがおすすめです。星座を知っていれば、ペルセウス座から広がるように流星が流れることもわかるでしょう。今年は12日から13日に日付が変わったあと月が沈(しず)むので、それから午前4時ごろまでは空が暗く見ごろとなります。

 その日の天気が悪くても、前後数日間は見られますので、晴れた夜には空を見上げてみましょう。ただし、子どもだけでなく、必ず大人と一緒(いっしょ)に行動してくださいね。

 もう一つ注目の現象は、土星(どせい)、火星(かせい)とアンタレスの接近(せっきん)です。夜のはじめごろ南の空に、明るい星が二つ見えていることに気づいていますか。火星と土星です。近くには、さそり座のアンタレスもあって、三つの星が三角を作っています。

 それらが8月24日には、土星、火星、アンタレスの順に一直線に並(なら)びます。珍しい現象ですので、ぜひ見てみましょう。今から三つの星の位置を記録しておけば、火星が日に日に星座の中を移動(いどう)していく様子がわかると思います。

 せっかくの夏休み、じっくり星空を観察してください。

 (島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ))

8月10日の土星、火星、アンタレスの位置。
8月24日の土星、火星、アンタレスの位置。

2016年8月10日 無断転載禁止

こども新聞