女子ログ 旅の楽しみ

 この夏、1歳の娘を連れて、夫の故郷、米国に里帰りした。旅行好きな私たち夫婦。ただ帰るのではなく、しっかり旅気分を味わおうと計画を立てた。まず飛行機でカナダに降り立ち、そこから電車やレンタカーで、夫の母親の住むカリフォルニアに南下するのだ。

 「1歳児を連れてこの旅程は無謀かも?」と気付いたのは持って行くオムツの枚数を計算していた出発前日。そして私たち3人は大量の荷物と、それと同じくらいの大きな不安を抱え空港に向かった。

 子連れの海外旅行はやはり、苦難の連続だった。飛行機の中で泣きじゃくる娘を必死であやし、揺れ動く電車の中で離乳食を食べさせた。夫と2人で旅行していた時はなんて楽だったんだろうと昔が懐かしくなった。

 けれど、無事ホテルにたどり着いた時の感動は大きかった。困難を乗り越えて目的地に到達する。ベッドの上で足を伸ばして達成感に浸りながら、これこそが旅の醍醐味(だいごみ)だと思った。

 最近「バイバイ」という言葉を覚えた娘。行く先々で知らない人に笑顔で手を振っていた。おかげで旅行中、たくさんの人と言葉を交わした。人との出会いもまた旅の楽しみだ。子連れの海外旅行は想像を絶する大変さだったけれど、この夏また一段と旅が好きになった気がした。

 (雲南市出身、丸亀市在住・ゆかりんご)

2016年8月24日 無断転載禁止