女子ログ 頑張れ!錦織選手

 米国の人気スポーツといえばやはりバスケットボール、野球、アメリカンフットボール。個人競技だとテニスやゴルフが身近な競技だ。集合住宅地の近隣広場にテニスコートがあり、夜、少し暑さが収まると、こうこうと照らすライトの下でプレーを楽しむ人の姿がある。

 この夏、こちらのスポーツチャンネルで松江市出身の錦織圭選手の姿を度々目にした。体格差のある欧米人に堂々と向かっていく姿は勇ましい。今年は7月のウィンブルドン選手権、カナダのロジャーズ杯、8月はオリンピック、全米オープンとかなりの過密スケジュールだ。肉体的にきつく、毎回環境も違う中、集中力を切らさず戦い続ける強さに感服する。一度、テレビに向かって「お疲れさまです」とポロッと言ってしまったほどだ。そんな姿に私も頑張らなきゃと励まされる。

 スポーツに限らず、米国はじめ世界で活躍する日本人はたくさんいる。でも、あの、日本で47番目に有名な島根から、世界の大舞台で活躍する人が出るなんて本当にすごいことなんだ!!と、米国人に話すとついつい熱が入ってしまう。しかし島根がどんなところか分からない彼らには全く実感のわかない話で、たいていポカンとされる。そんなアウェーな空気も何のその、これからも錦織選手の粘り強いプレーに熱い視線を送りたい。

 (松江市出身、米国フェニックス在住・サボテン)

2016年8月25日 無断転載禁止