なにわ一水が2階を全面改装

 松江しんじ湖温泉のなにわ一水(松江市千鳥町、勝谷有史社長)がこのほど、2階を全面改装した。床のバリアフリー化や出入り口の開口幅の拡張、多目的トイレの設置などを行ったほか、最高級の客室を身体障害の有無にかかわらず利用しやすい「ユニバーサルデザイン」にした。障害者や高齢者の旅行需要の取り込みを強化する。(8月30日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2016年8月31日 無断転載禁止