女子ログ 成長するバランス

 自宅で観葉植物を育てている。植物とも相性のいい悪いがあるのか、気に入って家に迎え入れ、かわいがって世話をしても枯れてしまうことがある。今ある5鉢はいずれも2年以上、長いもので5年同居している。

 ある日ふと、しばらく新芽が出ていない鉢が三つあることに気が付いた。枯れてはいないが、見た目が変わっていないのだ。肥料をやったり、明るいところに置いたりしても変化なし。専門家に聞いてみると、対処法は間違っていないらしい。それでも枯れもしないが成長もしないのが気になる。どうしたものかと気をもんでいた。

 そんな時、初めて訪れた植物店で、いつものように世話の仕方を聞いてみた。するとお店の人は、根だけでなく葉っぱに水をかける「葉水」をするだけでもかなり違うと教えてくれた。そしてさらに「大事なのは水をあげた後、風に当てることですよ」と教えてくれた。風か。

 帰ってすぐ、言われた通りやってみると、劇的に変化が表れた。葉は元気になり、新芽もニョキニョキ出てきた。暑い夏も寒い冬も枯れずに越してくれるとつい安心してしまうが、ちゃんと成長するにはいろいろなバランス調整が必要らしい。

 人間も、そうかもしれない。必要なのは、枯らさない方法ではなく、成長する要素なんだなと、新芽を見ながら自分のことも振り返った。

    (松江市・ツキ)

2016年9月8日 無断転載禁止