自虐ネタ作戦当たった「すなば珈琲」絶好調、全国区に

 鳥取市のコーヒーショップ「すなば珈琲」が元気だ。大手チェーン「スターバックスコーヒー(スタバ)」が全都道府県で唯一、鳥取県に進出していなかった頃の平井伸治知事のジョークをきっかけに、2014年に開店。いまや6店舗に増え、観光客の立ち寄り先にもなっている。大手を含む他社との共同開発商品もヒットし、県外のイベント出店でも大人気。「遊び心」から始まった事業は予想に反し、拡大の一途をたどっている。(9月13日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2016年9月13日 無断転載禁止