女子ログ 母親2年生

 今年の夏、引っ越しをした。2歳の息子にとって、この変化は試練だったようだ。新しい家から新しい保育園へ通う。最初の数週間は泣いて、私もつらかった。引っ越しは大人の都合なのだから。新しい環境に慣れようと頑張っているのだから、せめて家では甘えさせてあげたいと思った。

 引っ越して間もなく、息子がおっぱいを触ってくるようになった。あまり気にせず、させたいようにさせていた。しかし先日、夜中に何度も目を覚まし、抱っこをせがまれ、朝も5時には起きだしてまたおっぱいを触ってきた。私はイライラして「やめて」ときつく言ってしまった。息子は泣きだし、私も八つ当たりしたことにへこんでしまった。後で調べたら、子どもがおっぱいを触る行為には精神安定剤のような効果があるらしい。慣れない環境で心のバランスを保つために出た行動だったのかもしれない。

 母親2年生の私は、まだ子育てのバランスの取り方が分からない。甘えさせてあげたいのについ自分を優先して後悔したり、あんなに神経質にならなくてもよかった、他に方法があったのにと反省したりの毎日だ。

 夫は「そんなこともあるよ」「よくやってるよ」と励ましてくれる。その言葉に救われながら、これでいいのかな…と手探り感満載な私の子育て。少しずつでも母親として成長していければと思う。

 (島根県邑南町・ニコ)

2016年9月14日 無断転載禁止