省力化投資、労働力不足を補えるか

 人口減少と経済発展は両立するだろうか。達成手段の一つとされるのが、企業が省力化対応によって労働投入量を節約しながら、生産性を上げていくことだ。働き手が減り続けている山陰両県でも、「今」と「これから」に対応するための省力化の試みが広がっている。年間シリーズ企画「人口減少に挑む」の第8回は、省力化投資を巡る動きを追う。(9月20日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2016年9月20日 無断転載禁止