松江シティV3に望み 中国サッカーリーグ

【第17節・松江シティFC-JX水島】後半25分、ヘディングシュートを決め4-0とする松江シティFCのMF安片政人(左)=岡山市灘崎町総合公園
 第44回中国サッカーリーグは24日、岡山市内で第17節5試合が行われた。2位の松江シティFCは、灘崎町総合公園でJX水島(岡山)に4-0で快勝し、通算11勝4分け2敗、勝ち点37とした。順位は勝ち点差「1」で追う首位のSRC広島も勝ったため変わらないが、最終18節に3連覇の望みをつないだ。

 デッツォーラ島根はゼロックス(広島)を2-0で下し、通算7勝2分け8敗で、6位で変わらず。SC鳥取ドリームスは三菱水島FC(岡山)に0-10で屈し、開幕17連敗となった。

 最終節は25日、岡山市内で5試合がある。政田サッカー場の第2試合(午後12時50分)でデッツォーラがSRC広島と、第3試合(午後3時10分)で松江シティが7位NTN岡山と対戦。ドリームスは4位の環太平洋FC(岡山)と当たる。


 ▽第17節(岡山市灘崎町総合公園)

松江シテ 43-00 JX水島

ィFC    1-0  (岡山)

▽得点者【松】安片政人2(6)(7)渋山勇希(2)田平謙(1)

7戦ぶり完封勝利首位に勝ち点1差

 【評】松江シティが第10節以来、7試合ぶりの完封勝利。安定した守備でペースをつかんだ前半の3ゴールで大勢を決めた。

 前半は前線から圧力をかける守備が機能し、相手シュートを2本に抑えた。攻めては14分、シュートのこぼれ球にMF安片が詰め、頭で押し込み先制。26分にFW渋山が、敵陣でボールを奪ったMF記虎のパスを受けてドリブルで持ち込み左足で流し込むと、36分にはMF田平が決めて突き放した。

 後半は運動量が落ちたが、GK船川を中心とした守備陣の集中力が切れなかった。

2016年9月25日 無断転載禁止

  • 47クラブ