レッツ連歌(下房桃菴)・10月13日付

(挿絵・FUMI)
 はよ来いはよ来いはよ来いはよ来い

お隣のオバちゃんテレビに映ってる

               (松江)山崎まるむ

シャッターに指かけわが子待つゴール

               (出雲)原  陽子

まずそろりそろりと参る太郎冠者(出雲)山田 弘之

五百万拾って届けて三カ月   (松江)持田 高行

五十年一度も歩調かみ合わず  (松江)高木 酔子

広島が赤一色に染まる夜    (江津)植地 幸男

こちらでも優勝セールやってます(雲南)板垣スエ子

納得の身辺整理できてから   (雲南)錦織 博子

まずマガンついで白鳥コウノトリ(出雲)行長 好友

カルガモの母さんひとりヤキモキし

               (浜田)勝田  艶

みいちゃんは赤い鼻緒のじょじょはいて

               (雲南)渡部 静子

なんなのよアンタも荷物持ってよね

               (松江)佐々木滋子

女房より扱いやすいおらが犬  (江津)星野 礼佑

正月を待っているのはジジとババ(益田)石田 三章

ランドセルしょって下ろしてまたしょって

               (江津)江藤  清

掌(てのひら)の動きに迷う異国の地    
               (雲南)横山 一稔

スズメ捕るザルを仕掛けて息ひそめ

             (出雲)はなやのおきな

あたしゃまだすることあるのお父さん

             (隠岐の島)浅垣 多世

百分の一秒差でも負けは負け  (松江)川津  蛙

東京の五輪は見せて閻魔(えんま)さま  
               (松江)三島 啓克

四年後も十代ですと伊藤美誠  (益田)石川アキオ

月に二度あったらいいな給料日 (出雲)遠藤  伸

孫の呼ぶ声山々にこだまして  (出雲)石飛 富夫

冷房は強に切り替えときますね (江津)岡本美津子

宍道湖を撮るなら今だ日が沈む (松江)岩田 正之


           ◇

 童謡「春よ来い」で、「赤い鼻緒のじょじょはいて」いたのは「みいちゃん」。「みよちゃん」ではありません。実は、たった1字違いの作品を別のかたからいただいたのですが、原作に忠実なほうを採らせていただきました。…悪しからず。

 もうひとつ、古い童謡が出てきました。「はやく来い来いお正月」―。お正月を待ち焦がれているのは、小さな子供。大人になれば、別に嬉(うれ)しくもありません。まして老人は、また歳を重ねるとゾッとする、…かと思いきや、はて、三章さんの「ジジババ」は? そう、この句は、「孫」ということばが伏せてあるのですね。そこを私は買いました。

 ちなみに、この句を改悪すると、「孫の来る正月を待つジジとババ」―。アホみたいですね。

 夫婦で出かけるとなると、女のほうは何かと手間取る。旦那はイライラして、「はよ来いはよ来い」―。ところが、多世さんの句は、そういう意味じゃありません。もちろん、みなさん、お分かりでしょうが…。

 伸さんのたってのご希望は、たとえば30万の月給を2回に分けて15万ずつ、…なんてことではなさそうな。とすると、…ウ~ン、そこまでムシのよいことは、富山市議でも考えますまい。

 最後に、「はよ来いはよ来い」とくり返すのが山のこだまであったとは、さすがの桃菴センセも思い及ばぬ離れ業! おおぜいでワイワイやるって、ほんとに楽しいことですね。

 あ、すみません、もうひとつ。美津子さん、これって、色っぽい句なのか、それとも私の深読みか、内緒でそっと教えてください。

           ◇

 次は、

  心ときめく金曜の夜

に、心ときめく五七五を付けてください。

              (島根大学名誉教授)

2016年10月13日 無断転載禁止

こども新聞