島根・米子境港 「魅力ある経営者のライフスタイル」

   残間 里江子氏
 時代をひらく! アクティブシニアたち

  講 師 プロデューサー 残間 里江子(ざんま りえこ)氏

  演 題 「魅力ある経営者のライフスタイル」


 山陰中央新報社の「島根政経懇話会」「米子境港政経クラブ」は、平成28年11月24日(木)・25日(金)に定例会を開催します。今回は、TVなどでお馴染みのプロデューサー 残間里江子さんを講師に迎え、「魅力ある経営者のライフスタイル」と題してお話しいただきます。

 戦後70年を経過、時代は大きく変わり、人々のライフスタイルも時代とともに変化しています。今回講師に迎える残間里江子さんは、アナウンサーや雑誌記者、編集者を経て出版、映像、文化イベントなどの企画制作会社を設立。雑誌「Free」(平凡社刊)の編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュースも手掛けました。また企業や地域のコミュニケーション・PR戦略に数多く携わり、2001年に当時の小泉純一郎首相ら各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション「大人から幸せになろう」をプロデュース、大きな反響を得ました。

 07年にはユニバーサル技能五輪国際大会の総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録しました。09年に既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」を創造する会員制ネットワーク「ウィルビー」を立ち上げ、現在1万数千人が登録しています。新しい大人たち(団塊世代)の経験、経済力、行動力に着目。「今、新しい大人たちが時代を打開し、日本を変える。頑張れ!アクティブシニア」とメッセージを送っています。

 総務省の「定住自立圏構想研究会」委員、法務省の「裁判員制度検討委員会」委員なども歴任し、話題に事欠きません。どうぞ、ご期待下さい。


 <残間 里江子氏のプロフィール>

 1950(昭和25)年、仙台市生まれ。アナウンサーなどを経て80年に起業、地域や企業のPR戦略に携わる。2009年に会員制ネットワークを設立、新しい日本の大人像の創造を目指す。TV朝日系「やじうまテレビ」にレギュラー出演中のほか、「人と会うと明日が変わる」など著書多数。

     (本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

http://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/index.html

2016年10月22日 無断転載禁止