女子ログ 6年

 6年前の今日、長女が生まれた。初めて母親になったこの6年間は心配の連続だった。その後、弟と妹も授かったが、第1子の長女に関しては特に、何がいいのか悪いのか分からず困ったことは数え切れない。でも、そのたくさんの心配事は、すべてどうにかなってきた。

 赤ちゃんの頃からアトピーがひどく、薬を飲まないとかゆくて眠れなかったのが、今はうそのようにきれいな肌をしている。3センチほどポコッと出たでべそは、手術が必要かと本当に心配したが、2歳をすぎると幸いきれいに引っ込んできた。人見知りで、あいさつすら苦手だったが、今ではどこにいても娘の声が聞こえる。野菜嫌いで給食はご飯しか食べない日もあったのが、今は時間内に完食。おかわりをする日もある。卵アレルギーがありじんましんや嘔吐(おうと)を繰り返してきたが、少しずつ良くなり、今は給食もみんなと同じものを食べられるまでになった。きょうだいげんかは日常茶飯事だが、優しい頑張り屋さんに成長している。

 私が困ったときや不安なとき、周りにはいつも「大丈夫」と言ってくれる人たちがいた。そのことに感謝したい。これからは必要以上に心配するのをやめて、少しずつでも娘が自分自身で成長していくのを見守って支えていきたいと思う。

  (江津市・珈琲豆)

2016年11月11日 無断転載禁止