島根3連勝 香川圧倒 Bリーグ2部

【第17戦・島根-香川】第2クオーター3分11秒、島根のデービス(左)が速攻からシュートを決める。ファウルで獲得したフリースローも沈め、37-13と突き放す=松江市総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは26日、ホームの松江市総合体育館で第17戦を行い、西地区5位の香川ファイブアローズに83-51で快勝した。今季2度目の3連勝で通算12勝5敗。順位は同地区3位のまま。

 島根は序盤から攻守で圧倒。28-7と大きくリードした第1クオーターで流れを決めた。19得点19リバウンドのデービスは3試合連続のダブルダブルで、前節からのホーム3連勝に貢献した。

 第18戦は27日、同体育館で香川と対戦する。


 ◇第17戦(26日・松江市総合体育館、1402人)

島   根 83 28- 7 51 香   川
12勝5敗    19-14    3勝14敗
         14-21
         22- 9


 【評】島根が立ち上がりから圧力の効いた守備でペースをつかんだ。相手のシュートミスを誘う一方、精度の高いシュートで突き放した。

 第1クオーターで、相手の攻撃は2、3点シュート成功15本中3本(20%)、リバウンド0本に封じる一方、横尾らの3点シュート4本などで28-7と大きくリードを奪った。

 第2クオーターはデービス、リードのリバウンド奪取からゴール下の攻撃がさえ、19-14とし、前半で大勢を決めた。

 後半は攻撃時のミスが目立ち、前半を含めターンオーバー13本を記録したのは反省材料。


2016年11月27日 無断転載禁止

  • 47クラブ