邑南の小林建設 チョウザメ養殖事業が軌道に

 (有)小林建設(島根県邑南町下田所、小林憲治社長)が取り組むチョウザメ養殖事業が、軌道に乗ってきた。商品のキャビアの缶詰と薫製肉は、東京都内の高級レストランや百貨店でも人気を集め、売り上げはこの数年で3倍となった。今年は、国内で3例目となる高級種「アムール」の人工ふ化にも成功。7月にはチョウザメ関連商品の加工、販売部門を担う(株)セレビア(同)を設立しており、生産・販売のさらなる拡大を目指している。(11月29日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2016年11月29日 無断転載禁止