ネオナイトがペルーで工場排水処理の実証事業

 工事・建設現場などで排水、土壌処理を手掛ける(株)ネオナイト(松江市富士見町、寺山文久社長)が、南米ペルーの首都リマで、工場排水処理の実証事業を行う。国際協力機構(JICA)による支援事業で、約2年にわたって効果を検証し、現地での事業化を目指す。(12月6日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2016年12月6日 無断転載禁止