衣類に「新しい洗濯表示」

【相談】

 衣料店で買ったセーターの取り扱い方法が記載されたラベルに日本語の表示とともに見慣れない記号が表示されていた。どういう意味があるのだろうか。


【アドバイス】

国内で販売される衣類などは、家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程により、JIS規格(日本工業規格)が定める表示記号での表示が、義務付けられています。実際は、海外で付けられた取り扱い表示と国内の取り扱い表示の両方が付いていることがあります。また並行輸入で輸入した衣類には、海外の取り扱い表示しか付いていない場合があります。

 これまでのJIS規格は日本独自のものでしたが、国際規格に合わせた改正が行われ、12月1日に施行されました。旧表示での販売期限は設けられていないため、しばらくは、新表示製品と旧表示製品が混在して販売されることになります。

 新しい取り扱い表示は、基本記号と付加記号や数字の組み合わせで構成されています。初めて目にすると戸惑うかもしれません。まずは、基本記号五つを覚え、それに付加記号が付くというルールを覚えましょう。

 基本記号は、「家庭洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」です。付加記号で「強さ、温度、禁止」を表します。記号の種類は、22種類から41種類に増え、よりきめ細かい情報が提供されます。

 衣類などは、取り扱い表示の記号の意味を理解し、適切に取り扱うことが大切です。店で商品を選ぶときに取り扱い表示を確認しておくと、購入後のお手入れの参考になります。取り扱い方法で迷うことがあれば、表示に記載されている、メーカーなどの連絡先に問い合わせましょう。

 消費者庁ウェブサイトで「新しい洗濯表示」の情報が確認できます。

 ……………………………

 ★消費者ホットライン=電話188(いやや!) お近くの消費者センターにつながります。


■島根県消費者センター 電話0852(32)5916 ■同石見地区相談室 電話0856(23)3657

2016年12月7日 無断転載禁止